南アルプス市と伊那市に、山岳環境保全に活用する費用として50万円を支援

PR TIMES / 2013年11月25日 13時3分



インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、2013年12月2日に南アルプス市(山梨県)、伊那市(長野県)の2市に対し、山岳環境保全に必要な費用の一部を支援する。

ヤマケイオンライン南アルプスプロジェクトとは
株式会社山と溪谷社では、日本第二の高峰北岳や近年登山者が増加している仙丈ヶ岳などを擁する南アルプス北部において「ヤマケイオンライン南アルプスプロジェクト」(協賛=サントリー酒類株式会社)を展開してきた。南アルプス市、伊那市の2市と協力して、登山者への安全登山啓発とともに、同地域で大きな問題となっているニホンジカの食害に対する意識を高めてもらうために、登山の情報サイト「ヤマケイオンライン」を中心にキャンペーンを展開したもの。


投稿数に応じた資金を提供
また、サントリー酒類株式会社の特設サイト「山で飲むならオールフリー」内の「山ランチ投稿キャンペーン」に連動して、同企画に山でのお昼ご飯写真を投稿すると、その投稿数に合わせた金額が山と溪谷社から南アルプス市、伊那市の2市に山岳環境保全費用として支援されるというキャンペーンを展開(2013年5月~10月/写真下)。登山者が楽しみながら山岳環境保全問題に貢献できる仕組みを構築した。


日本山岳遺産基金のキャンペーンと連動 
あわせて、8月3日~4日の2日間は、山と溪谷社が運営する日本山岳遺産基金の活動と連動し、南アルプス北部の登山口である芦安(南アルプス市)と北沢峠(伊那市)にて「マナー&クリーンアップ・チャレンジ」を開催。登山者に登山マナーの向上とともにシカによる被害の現状などをアピールする啓発活動・アンケート調査を行った(写真)。


10月末をもって山ランチ投稿キャンペーンは終了。その結果、計50万円(各市に25万円)を両市に寄贈することになった。


【ヤマケイオンライン】 http://www.yamakei-online.com/
 山と溪谷社が運営する登山の情報ポータルサイト。日々更新される登山関係のニュース、現地最新情報を中心としたウェブサイト。無料登録会員は4万1195名(2013年11月12日現在)。

【日本山岳遺産基金】 http://sangakuisan.yamakei.co.jp/
 山と溪谷社が、日本の山岳自然環境の保全、次世代の登山者の育成、安全な登山の啓発を目的に、2010年に設立した任意団体。山岳地でのゴミ拾い、マナーアップの呼びかけ活動や、青少年登山への支援を行うとともに、日本各地の山を日本山岳遺産認定し、その山で上記の目的に沿った活動団体に助成を行なっています。

【山と溪谷社】  http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】  http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
以上
________________________________________

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当=神谷有二
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-11 住友不動産九段北ビル8階
TEL03-6744-1911 メールinfo@yamakei.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング