HoneyWorksのリン&レン・ボカロ神曲「スキキライ」小説化!

PR TIMES / 2013年9月12日 19時26分

角川書店



“青春系・胸キュンソング”でユーザーの心をわしづかみにしているボーカロイド音楽界のトップランナー
HoneyWorks(通称:ハニワ)。
掲載楽曲のほぼ全てを“殿堂入り”(10万再生超え)させるなど、熱狂的な人気を誇るクリエイター・ユニット
が新たに仕掛けるのは、大人気楽曲の小説化。
昨今巷を沸かす“ボカロ小説”ジャンルにおいて、新旋風ともいえる“直球・純愛ラブストーリー”で、
小説も“殿堂入り”快挙を成し遂げるか!? 「カゲロウデイズ」「終焉ノ栞」につづく新たなヒット
作品として注目が集中している。 

角川ビーンズ文庫より10月1日に発売される小説版「スキキライ」には、彼らの代表曲「スキキライ」
「泣キ虫カレシ」2曲とそのエピローグ・ソング「ハジマリノサヨナラ」が収録される。イラストは
ニコニコ動画上で大人気、ハニワメンバーのヤマコ氏が担当。ハニワと親交の深い超人気歌い手・Gero
も楽曲の書籍化にお祝いコメントを寄せるなど、豪華な内容となっている。

また、2曲の恋の結末ともいえる新曲「ハジマリノサヨナラ」はニコニコ動画にて近日中に公開されるという。
小説でしか明かされない、3曲が紡ぎだす切ないほどピュアな、恋の結末とは――?
さらに、新曲に秘められた“エピソード”が小説で明かされるという試みにも期待が高まる。


(あらすじ)

「全校生徒に告ぐ。あそこで瞳をうるませてる音崎鈴って子は、俺の彼女になる予定だからよろしく――」
逢坂学園軽音部のヴォーカル王子こと加賀美蓮に全校生徒の前でいきなり告白をされたあの日以来。
地味ながら平和な学園生活を望んでいた私・音崎鈴の毎日は一変した――!
軽音部を舞台に、ミク・リン・レン3人の恋の結末が今明らかになる!

■小説版『スキキライ』

 http://www.kadokawa.co.jp/lnovel/bk_detail.php?pcd=321304000213
 10月1日 全国書店にて発売
 原案:HoneyWorks
著者:藤谷燈子
 イラスト:ヤマコ
 定価:580円(税抜)
 発行:角川ビーンズ文庫

◆「スキキライ」HPはコチラ
http://www.kadokawa.co.jp/beans/t/sukikirai/

◆アニメイト限定CD付きセット発売!
http://www.animate-onlineshop.jp/products/detail.php?product_id=1222777

◆2013年10月12日アニメイトハイタッチ会を開催!
http://www.animate.co.jp/event/event_e20131012beans/

◆「スキキライ」の楽曲はコチラ
http://www.youtube.com/watch?v=p8rwJsdCqY4


◆「泣キ虫カレシ」の楽曲はコチラ
http://www.youtube.com/watch?v=jSJ6Rzyfkvk

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング