障害者雇用職場改善好事例 「奨励賞」 通算8回目の受賞

PR TIMES / 2020年11月6日 16時45分

大東コーポレートサービス 優秀勤労障害者表彰 「機構理事長努力賞」 では2名が受賞

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)の特例子会社である大東コーポレートサービス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:福田和宣)は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が主催、厚生労働省が後援する表彰において、下記の通り受賞しましたことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35668/258/resize/d35668-258-511370-0.png ]


1. 『障害者雇用職場改善好事例』とは
[画像2: https://prtimes.jp/i/35668/258/resize/d35668-258-564162-1.png ]

「障害者雇用職場改善好事例」は、企業における障がい者の雇用と職域の拡大、及び職場定着の促進や、障がい者雇用に関する理解の向上を図る目的で行っています。今年度のテーマは「障害者の健康に配慮し安心・安全に働けるように取り組んだ職場改善好事例」で、障がい者雇用における雇用管理、雇用環境などに対し改善・工夫が行われた取組み事例が対象となっています。



■ 評価のポイント
大東コーポレートサービスは、障がいのある人も無い人も、一緒になって働くことの楽しさ、喜びを共有できる職場づくりに取り組んでいます。その中で、障がい者が安心・安全に働ける職場をめざして、フレックスタイムや在宅勤務など社員の特性や個々の事情に配慮した勤務体系を導入しました。さらに、障がいのある社員が社内の安全配慮を考え、自ら課題整理、目標設定、対策実施、効果検証を行い、ルールの見える化、注意喚起ステッカーやミラーの設置など、安心して働ける職場づくりを行った取り組みが評価され、通算8回目の受賞となりました。
今後も多様な人材が安心して活躍できる職場環境づくりを積極的に進めてまいります。

[画像3: https://prtimes.jp/i/35668/258/resize/d35668-258-211081-2.png ]


2. 『障害者雇用優良事業所等表彰』とは
障がい者の雇用の促進と職業の安定を図るため、障がい者を積極的に多数雇用した事業所、永年にわたり障がい者の雇用の促進と職業の安定に貢献した団体又は個人、模範的職業人として長期勤続している優秀勤労障がい者に対して、「厚生労働大臣表彰」及び「高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長表彰」を行います。

■「機構理事長努力賞」 受賞者のコメント

[画像4: https://prtimes.jp/i/35668/258/resize/d35668-258-711297-3.png ]


■ 評価のポイント
優秀勤労障害者表彰は、障がいを克服し、模範的な職業人として業績を上げた方々を称えるもので、数多くある障がい者雇用企業の中で当社社員が5年連続の受賞となりました。受賞した2名は、正確かつ着実な仕事ぶりで、上司からの信頼も厚く、同僚からも一目置かれる存在です。長年積み重ねてきた努力が、栄えある受賞という大きな成果につながりました。

■ 会社概要
大東コーポレートサービス株式会社
代表取締役社長 :福田 和宣
本社所在地   :東京都品川区東品川二丁目2番8号
設立      :2005年5月
主な業務    :大東建託グループからの事務作業等の受託業務、シェアードサービス業務、名刺作成、看板製作、チラシ・パンフレット等の印刷、図面製本、メールセンターの運営管理
社員数     :401名/内 障がい者94名 (2020年10月1日時点)
ホームページ  : https://www.daito-copo.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング