「ダイエット中のスイーツとしておすすめしたいフローズンヨーグルト」microdiet.netレポート

PR TIMES / 2014年9月11日 9時28分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「ダイエット中のスイーツとしておすすめしたいフローズンヨーグルト」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000446.html





アメリカで6~7年ほど前にブレイクし、いまだ絶大な人気を誇る“フローズンヨーグルト”という、ヨーグルトを使ったスイーツがあります。
その筆頭と言えるフローズンヨーグルト専門店『ピンクベリー』は、セレブが食べているところをパパラッチされたり、大ヒットドラマの『ゴシップガール』にも登場したりなど、話題に事欠きません。
実は何年か前に日本にも上陸済なのですが、本国のようなブレイクは今のところないように感じます。

ピンクベリーだけに限らず、フローズンヨーグルト専門店では、無脂肪乳と無脂肪ヨーグルトを使用するのが基本となっています。低脂肪なため、「食べたら太る」と心配せずに食べられるのが、最大の強みではないでしょうか。
しかもフレッシュフルーツやグラノーラ、チョコレートなど、様々なトッピングが用意されており、自由にカスタマイズができる楽しさもあります。ただし、トッピング次第ではヘルシーではなくなってしまうので、そこは要注意。
そして最も重要なその味わいは、ソフトクリームやアイスクリームなどと比べてみても、物足りなさはなし!
ソフトクリームやジェラートのような滑らかな舌触りに、ほのかな酸味がある爽やかな甘さ。食感・味ともに軽く、後を引きません。ヨーグルトっぽさはそれほど感じられないので、苦手な人でも食べられるほどではないでしょうか。

ダイエット中にどうしてもアイスクリームが食べたくなるひとは多いと思います。
低カロリー・低脂肪のスイーツとして、フローズンヨーグルトをうまく取り入れてみてはいかがでしょうか?

■ヨーグルトと言えば善玉菌

ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。その点でもフローズンヨーグルトはアイスクリームよりもヘルシーです。
乳酸菌は高温には弱いですが低温に強く、0℃以下になっても死滅しません。活動は抑えられますが、再び温度が上昇すると活動を始めます。
善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸を健康に保ち、有害物質の発生や病原性細菌の繁殖を抑える、免疫力アップ、風邪の予防、アレルギー症状の緩和、便通を良くする、肌荒れ改善、肥満予防など、全身の健康に繋がっています。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「ダイエット中のスイーツとしておすすめしたいフローズンヨーグルト」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000446.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から25年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング