【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】チャイナシャドーのウィンタースペシャル「冬の味覚・ズワイガニ」

PR TIMES / 2014年12月24日 16時11分

チャイナシャドーならではの技と味つけで楽しむ、冬の味覚ズワイガニ・ウィンタースペシャルメニュー三品「蟹肉蕃茄滑蛋火會(火偏に會)飯」「茗荷蟹肉伴麺」「蟹肉炒麺」登場

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル【所在地:東京都港区港南、総支配人:金子宏之】では、中国料理「チャイナシャドー」(26FL.)において、2015年1月19日(月)~3月31日(火)までの期間中、「冬の旬を食べ、季節を感じる」をテーマに、ズワイガニをメインとした麺物とご飯物の三品を、チャイナシャドー料理長の技と知識を詰め込んで、冬季限定でご用意いたします。



特製の滋味深い中華スープを卵に絡ませ、たっぷりのズワイガニとアクセントに甘酸っぱいトマトを加えた、黄と赤のコントラストが美しい『蟹肉蕃茄滑蛋火會(火偏に會)飯 / 日本名:カニ肉とトマト入り卵とじご飯』(2,400円・税サ別)は、卵とカニの旨味、見た目の鮮やかさが合わさって、最後まで飽きることなくお召し上がりいただけます。お好みで別添えの甘酢餡をおかけください。

茗荷ともやし、そしてズワイガニのほぐし身を麺と和える『茗荷蟹肉伴麺 /日本名:茗荷とカニ肉入り和えそば』(2,400円・税サ別)は、体をほっこり温める生姜と酢のソースを絡め、カニ本来の甘みと、茗荷の香りと生姜のスパイシーさと共にお楽しみいただく、癖になる味わいです。

そして最後の一品、『蟹肉炒麺 /日本名:カニ肉のあんかけ焼きそば』(2,600円・税サ別)は、カニのほぐし身のみをたっぷりと使用した生姜仕立ての贅沢な餡を、カリッと焼き上げた中華そばにかけました。カニの旨味がぎゅっと凝縮された、贅沢な餡をご堪能ください。

なお、同メニューをご注文の方には特別な機会にお出ししている『チャイナシャドー特製・生姜茶』を食後にご提供いたします。ザラメで甘みをつけた生姜スープとプーアル茶を絶妙なバランスで配合させ、香り豊かに仕上げています。寒いこの季節に、体を芯から温めてくれます。

冬のズワイガニの繊細な旨味を活かしながら、チャイナシャドーならではの香り、色彩、食感、そして味覚を盛り込み、ランチ、ディナーともにお楽しみいただける、同メニューの概要は下記の通りです。


ストリングスホテル東京インターコンチネンタル  中国料理「チャイナシャドー」
ズワイガニ・ウィンタースペシャルメニュー
【期間】2015年1月19日(火)~3月31日(火)
【時間】ランチ 11:30~15:00 (L.O. 14:30)
    ディナー 17:00~21:30 (L.O. 21:00)
【価格】
 ◇「蟹肉蕃茄滑蛋火會(火篇に會)飯(ファイヨッファンケイワッダンウィファン)」
  日本名:カニ肉とトマト入り卵とじご飯
  料金 :2,400円(税・サ別)
 
 ◇「茗荷蟹肉伴麺(メイホーファイヨッバンミィェン)」
  日本名:みょうがとカニ肉入り和えそば
  料金 :2,400円(税・サ別)
 
 ◇「蟹肉炒麺(ファイヨッチャオミィェン)」
  日本名:カニ肉のあんかけ焼きそば
  料金 :2,600円(税・サ別)
 
 ※いずれも食後に『チャイナシャドー特製・生姜茶』をご提供いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング