大人の雰囲気が漂う東京キネマ倶楽部で繰り広げられた、時代を切り取った3組の極上ライブ「SPACE SHOWER TV 25th ANNIVERSARY 3rd PLACE vol.3」

PR TIMES / 2014年4月29日 12時9分

藤巻亮太、天才バンド、古川本舗の3組が創り上げた、魅惑の音楽空間。

スペースシャワーTV主催イベント「SPACE SHOWER TV 25th ANNIVERSARY 3rd PLACE vol.3」を4月24日(木)、東京キネマ倶楽部にて開催いたしました。



株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水英明)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTV主催イベント「SPACE SHOWER TV 25th ANNIVERSARY 3rd PLACE vol.3」を4月24日(木)、東京キネマ倶楽部にて開催いたしました。

アコースティック演奏でソロ曲に加え、レミオロメンの楽曲も披露した藤巻亮太。4月30日リリースのニューアルバム『アインとシュタイン』収録曲を初披露した奇妙礼太郎・Sundayカミデ・テシマコージの3人から成る天才バンド、。ヴォーカルにキクチリョウタを迎え、この日だけのアコースティック編成で登場した古川本舗。第3回目を迎えた今回、東京キネマ倶楽部という大人の雰囲気漂う会場で繰り広げられた、3組の共演は、魅惑の音楽空間を創り上げ、感動の渦に包まれたまま幕を下ろしました。詳しくは下記、ライブレポートをご覧ください。

なお、こちらの模様は5月28日(水)22:00~23:00に、スペースシャワーTVにて特別番組としてオンエアいたします。

▼ライブレポート
----------------------------------------------
 心に強く深く刻まれる、素晴らしいイヴェントだった。このようなライヴ体験は、なかなかできるものではないと思う。会場、出演ラインアップ、そしてパフォーマンスのマッチング具合がなんとも絶妙で、凡百のイヴェントにはない魅惑の音楽空間が創り上げられていた。

 家と職場(あるいは学校)の2か所を往復する生活を送っている人たちへ、心が安らぎリフレッシュできる“3つ目の場所”を、音楽とともに提供することをテーマにした「3rd PLACE」。通算3回目にして、スペースシャワーTVの開局25周年記念イヴェントでもある今回の舞台は、東京キネマ倶楽部。かつてはグランドキャバレーだった、大正ロマンの雰囲気たっぷりの洋館風ライヴハウスだ。

 東京キネマ倶楽部がたどってきた歴史がそうさせるのか、この会場には厳かとも言える張り詰めた空気が漂っているのだが、それを1番手の古川本舗が、一瞬にして優しく温かいものへと変えてくれた。ヴォーカルにキクチリョウタを迎えたスペシャルな編成で登場した彼らは、心地よくて肌触りがいい、これぞオーガニックと呼ぶべきアコースティック・サウンドと、息がピタリと合ったハーモニーで、詩情に富んだ美しいメロディを紡いでいく。とりわけ、セピア色の写真のような、どこか懐かしい情景を描き出した「東京日和」には、バンドの魅力が凝縮されていたと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング