マウザー、アナログ・デバイセズ社の工業用オートメーション、プロセス制御向けD/Aコンバータ「AD567xR」の取り扱いを開始

PR TIMES / 2020年9月16日 14時15分



[画像: https://prtimes.jp/i/34430/262/resize/d34430-262-223809-0.png ]

最新の半導体及び電子部品の幅広い品揃えと、新製品をいち早く市場に投入することに注力する、ネット販売商社のマウザー・エレクトロニクス(Mouser Electronics、本社: 米国テキサス州マンスフィールド、以下: マウザー)は、アナログ・デバイセズ(Analog Devices)社の「AD567xR」デジタル/アナログ・コンバータ(DAC)の取り扱いを開始しました。 AD567xRは、低消費電力、12ビット/16ビットのバッファ付き電圧出力DACで、2.7V~5.5Vの単電源で動作します。広い動作範囲と高相対精度を備えたこの16チャネルDACは、工業用オートメーション、オプティカル・トランシーバ、基地局の電源アンプ、データ・アクイジション・システム、およびプロセス制御などの幅広いアプリケーションに最適です。

マウザーより購入可能な、Analog Devices AD567xR DACは、消費電流を2μAに低減するパワーダウン・モードなど、信頼性の高い低消費電力性能を備えています。また、パワーオン・リセット回路を備え、これにより有効な書込みがあるまで、出力をゼロまたは中間点までパワーアップします。この高集積型コンバータは、小型4mm × 4mm、28リードLFCSPパッケージを採用しています。1.8Vロジック互換とユーザー選択可能なゲインピンを備えたAD567xRは、実装の簡素化を実現し、産業用ソリューションの開発を迅速に開始することができます。

さらに詳しくは、 https://www.mouser.com/new/analog-devices/adi-ad567xr-dacs/をご覧ください。

マウザーは、正規代理店として、新製品と新テクノロジーの早期投入に注力し、製品化期間の短縮を支援することで、お客様の競争優位性に貢献します。850社を超える半導体・電子部品メーカーが、マウザーを通して世界各国の市場に製品を送り出しています。マウザーは、各製造元メーカーからの完全なトレーサビリティのある、完全認定済み純正品のみをお客様に提供しています。

マウザーは、幅広い製品ラインと優れたカスタマーサービスを通して、先端技術による製品を提供し、設計技術者とバイヤーに向けてイノベーションの推進に貢献できるよう努めています。マウザーは、最新の設計プロジェクトに最適な最新の半導体および電子部品を世界でどこよりも幅広く取り揃えています。マウザーは顧客の設計リードタイムの短縮を支援します。マウザーは単に電子部品を売る会社ではなく、時間と利便性を提供する会社です。マウザーのウェブサイト Mouser.comは、絶えず更新されており、ユーザーが素早く製品を探せるよう高度な検索方法を提供しています。またMouser.comでは、データシート、サプライヤ別リファレンスデザイン、アプリケーションノート、技術設計情報、エンジニアリングツールも提供しています。

マウザーについて
マウザー・エレクトロニクスは、バークシャー・ハサウェイ社のグループ企業であり、数々の受賞歴を有する、半導体および電子部品の正規代理店です。提携メーカーの新製品を電子設計技術者およびバイヤーへいち早くお届けすることに注力しています。マウザーのウェブサイト Mouser.com は、多言語・多通貨に対応し、850社を超えるメーカーの500万点以上の製品を揃えています。マウザーは、世界27カ所のサポート拠点からクラス最高のカスタマーサービスを提供し、テキサス州ダラス南部にある100 万平方フィート(約 92,900 平方メートル、東京ドームの約 2 倍)の施設から、223カ国63万人を超えるお客様に向けて製品を提供しています。詳しくは、 http://www.mouser.jp をご覧ください。

アナログ・デバイセズについて
アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。 http://www.analog.comをご覧下さい。

商標
MouserおよびMouser ElectronicsはMouser Electronics, Inc.の登録商標です。その他記載されているすべての製品名、ロゴおよび会社名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング