日本初、NPO/NGOの組織診断にもとづく組織基盤強化を支援「Panasonic NPOサポート ファンド」の助成先を決定

PR TIMES / 2012年6月27日 19時51分



パナソニック株式会社は、本日、「Panasonic NPOサポート ファンド」の組織診断助成の結果をもとに、組織基盤強化を助成するNPO/NGO 9団体を決定しました。組織診断の手法を助成プログラムに取り入れたNPOの組織基盤強化支援は、本ファンドが日本で初めての試みです。

▼「Panasonic NPOサポート ファンド」の詳しい情報はこちら
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/

環境分野と次世代育成支援分野の社会課題解決に取り組むNPOの組織基盤強化を支援する「Panasonic NPOサポート ファンド」は、10年にわたるNPO支援の経験をふまえ、NPOが、より戦略的に社会課題を解決できるようになるために、自己変革しながら持続的に発展していくことを支援するプログラムに2011年、リニューアルしました。
組織運営上の課題を抽出し解決の方向性を見出す「組織診断」の手法を活用して、「組織診断助成」「キャパシティビルディング助成」という2段階の助成プログラムでNPOを支援します。
※キャパシティビルディング=組織基盤強化


今回助成が決定した9団体は、本ファンドの組織診断助成を受けて、NPO支援機関やNPO経営支援の専門家など第三者の客観的な意見、診断に必要な多様な視点をとり入れた組織診断を行い、優先課題の解決に取り組むキャパシティビルディング計画を策定した14団体の中から選ばれました。

パナソニックは、社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPOのキャパシティビルディングが必要であるとの認識のもと、2001年に本ファンドを設立。以来、一貫してNPOのキャパシティビルディングを支援し、197件に2億3千万円の助成をしてきました。
2012年度は、今回のキャパシティビルディング助成1360万円と、組織診断助成1640万円の合計3000万円の助成を予定しています。

社会からNPOに寄せられる期待が大きい今、NPOのキャパシティビルディング支援を通じて、市民活動の持続的発展、社会課題の解決促進、社会の変革に貢献してまいります。

選考総評、助成先団体はホームページで紹介しています。
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/

【Panasonic NPOサポート ファンド キャパシティビルディング助成団体一覧】

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング