1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

大型スピーカーならではのダイナミックな音楽と光の競演! 防滴機能とアプリ対応でさらに進化した多目的スピーカーの決定版 パーティースピーカー「JBL PartyBox 110」発売

PR TIMES / 2021年9月16日 9時45分

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、今年創立 75 周年を迎えるアメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー3 年連続販売台数 No.1 に輝く※1「JBL」ブランドより、防滴機能を搭載し、使い勝手を高めたワイヤレスパーティースピーカー「JBL PartyBox 110(パーティーボックス110)」を、2021 年 9 月 17 日(金)に発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-2601625e40f31a7be8db-0.png ]

欧州を中心に人気の高いパーティースピーカー市場において、高い評価を得ている「JBL PartyBox」シリーズの最新モデル「JBL PartyBox 110」は、前モデル「PartyBox 100」の多機能性を継承しつつ、様々なシーンでよりアクティブにお使いいただけるように、音質、ビジュアル、機能を大幅に一新したアップデートモデルです。

本モデルでは、新たに対応した防滴機能(IPX4※2)や、本体上部に搭載した音・ライティングをコントロールできる大型ジョグダイヤルの採用など、より幅広いシーンでの使用を快適に行えるようになりました。また、新たに専用アプリに対応し、マイクのイコライザー設定や、場を盛り上げるサウンドエフェクト機能の操作など、娯楽性を高めた新機能も追加されています。本体には、マイク入力だけでなくギターのアンプ入力もシリーズを通して継承しているため、ご自宅でギターや歌の練習ができるほか、ダンスの練習や、イベントでの PA としてなど、JBL のプロ・サウンドと高い音圧を活かし幅広い用途でご活用いただけます。

また、シリーズを特徴づける、ライトショー機能が大きく進化しています。象徴的な2つのウーファーの外周のリングライトに加え、2つのツイーター外周にもリングライトを搭載したことで、前モデルよりも発光面を拡大した存在感のある華やかなビジュアルに仕上がりました。さらに、専用アプリからは、ライティングパターンの切り替えやカラーのカスタマイズも可能です。シーンや気分、お好みの音楽に合わせた、オリジナルの光の演出が空間を彩ります。

そして、本シリーズ最大の特長であるパーティーサウンドについては、約 160W という迫力のある出力は継承しつつ、バスレフポートの構造の最適化に加え、ツイーターの配置を見直すことで、より深みのある重低音と広範囲に拡がる音場を実現しました。パワフルで奥行きのある低音からクリアで抜けのある高音域まで余すところなく再生し、ライブ会場やコンサートホールを想起させるダイナミックな音楽体験を提供します。

世界中のライブ会場やコンサートで活躍する JBL のプロ・サウンドを、どんなシーンでも楽しめる進化したパーティースピーカー「JBL PartyBox 110」で、オリジナルの音と光の演出をご堪能ください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-605d1c344907dd4c9034-1.png ]



【特長】
■サイズを超える広がりを実現した迫力のパワフルサウンド

[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-e0dd702017691176b96f-2.png ]

133mm ウーファー2 基と 57mmツイーター2 基の搭載で、最大約 160W という迫力のある出力を前モデルから継承しつつ、「PartyBox 100」の後継機となる本モデルでは、バスレフポートの構造を最適化することで低音を強化しました。「BASS BOOST」機能と合わせることで、より迫力のある低音域再生を実現し、パワフルで深みのある低音からクリアで抜けのある高音域まで音を再現します。さらに、本体中央のツイーターを外向きに配置することで、サイズを超えた広域な音場を実現し、ライブ会場のような臨場感のある高音質をお楽しみいただけます。映画館やコンサートホールなど、さまざまなプロフェッショナルの現場で培われた JBL のプロ・サウンドを、学校行事やパーティー、フィットネスやダンススタジオなど、どこでも手軽に体感いただけます。

■空間を彩る鮮やかで躍動感のある進化したライティング

[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-9f2d69c639074c58859c-3.png ]

ボディの正面に配置されたウーファーの外周をリング状のライトが囲み、華やかに光るライトショー機能を搭載。本モデルでは、ツイーターの外周も光るようになり、前モデルよりも発光面が拡大したことにより、さらにパワフルになったライティングが、音楽と共に場の雰囲気を盛り上げます。3 種類から 5 種類(ロック、ネオン、クラブ、フロー、リップル)に増えたライティングパターンは、本体操作パネルから音楽やシーンに合わせてお選びいただけます。また、より細かい設定やライティングカラーは、専用のスマートフォンアプリ「JBL PARTYBOX」より、お好みでカスタマイズ可能です。

■Bluetooth をはじめ様々なソースとの接続に対応
Bluetooth 接続により、お手持ちのスマートホンやタブレットからストリーミング再生できるだけではなく、USB メモリでの接続で音楽を長時間再生したり、AUX 端子で外部入力も可能です。また、個別にゲインの設定や音量調整ができるギター入力やマイク入力端子も搭載しているため、再生している音楽に合わせて歌うことや、ギターの練習などにも最適です。高い音圧を活かして、広い会場でのスピーチやセミナーなどにも便利で、さまざまな用途でご活用いただけます。

■使用シーンを広げる防滴機能(IPX4※2)搭載

[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-f4200f0cdecc3c2b28a1-4.png ]

前モデルにはなかった、生活防水に対応した防滴機能(IPX4※2)を新たに搭載しています。濡れた手で触れたり、思いがけない雨の降り始めにも耐えられる仕様のため、ご自宅をはじめ、屋外でも水辺での使用など活躍のシーンが広がりました。

■チャージング機能も装備した最大約 12 時間※3 のワイヤレス再生を実現
大容量の充電式バッテリーの内蔵により、約 3.5 時間の充電で、最大約 12 時間※3 の連続ワイヤレス再生が可能です。長時間にわたる講演やセミナー、ダンスステージなど様々シーンでも、充電切れを気にすることなくお使いいただけます。スマートホンなどのデバイスからお好みの音楽を再生する場合でも、電池切れの心配はありません。

■シンプル設計のコントロールパネルと専用アプリで手軽に操作

[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-6e438293c60a0311dba8-5.png ]

大型のジョグダイヤルを採用したことで、再生・音量のコントロールやライトショーの切り替えの操作が、より手軽になりました。また専用スマートフォンアプリ「JBL PARTYBOX」でも、ライティングの設定やボーカルの微調整が可能となり、自由にカスタマイズしたサウンドとライティングで、オリジナルの空間を簡単に演出できます。

■ワイヤレスでスピーカーを増設できる「TWS モード」

[画像7: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-bfe5b5106bcf9f91c345-6.png ]

「TWS(True Wireless Stereo)」モードでは、Bluetooth で 2 台のスピーカーを接続し、ワイヤレスでの増設が可能です。また、2 台目以降は 3.5mm ケーブルを使用してデイジーチェーン接続することでさらに多くの台数を追加することができます。大規模な会場や屋外においても、妥協のない本格的な JBL サウンドを大音量で再生できます。

■専用アプリによる娯楽性を高めた豊富なパーティー機能
専用スマートフォンアプリ「JBL PARTYBOX」に対応。本体とアプリとが連携し、音楽再生だけでなく、ライティングカラーやパターンのカスタマイズ、本体起動音のオン/オフなどの細かい設定が可能です。また本モデルから搭載の「DJ エフェクト」機能(下図1.)では、”ホーン”や”拍手”など 9 種類のサウンドエフェクトを用意、サウンドエフェクトで合いの手を入れるなど、手軽にその場を盛り上げることができます。また、ライティング、カラーについても 65,536 色のカラーパレットから詳細設定が可能(下図2.)、そして製品本体のソフトウェアアップデート(下図3.)などにも対応しています。
[画像8: https://prtimes.jp/i/12767/265/resize/d12767-265-2a1080bea58721208783-16.png ]



【主な仕様】
製品名:JBL PartyBox 110(パーティーボックス 110)
タイプ:ワイヤレスパーティースピーカー
カラー:ブラック
Bluetooth:バージョン 5.1
防滴機能※3 :IPX4
対応プロファイル:A2DP 1.3, AVRCP 1.6
オーディオ入力:Bluetooth、USB、マイク入力、ギター入力(マイク入力兼用)、AUX
使用ユニット:133mm ウーファー×2、57 mmツイーター×2
周波数特性 :45Hz – 20KHz
出力:160W RMS
サイズ(H x W x D) :568 x 295 x 300(mm)
重量:約 10.8kg
電池:リチウムイオン充電池 <充電:約 3.5 時間、再生:約 12 時間※4>
付属品 :電源ケーブル(2m)
USB 対応ファイル フォーマット:mp3/ .wma/ .wav
発売日:2021 9 月 17 日(金)発売予定
価格 :オープン価格 ※JBL オンラインストア販売価格 39,600 円(税込)

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCN ランキング」にもとづき、1 年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2021」にて、ワイヤレススピーカー部門の第 1 位を 3 年連続で獲得しました。
※2 防水性能 IPX4 は、あらゆる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響を受けないと定義されています。
※3充電・再生時間は使用環境により異なります。

<JBL について>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。
家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBL は世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社の AKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で 5,000 万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。ハーマンインターナショナルは全世界に約 30,000 名の社員が在籍し、2017 年 3 月にて韓国サムスン電子の子会社となりました。

お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナル株式会社
Tel: 0570-550-465
http://www.harman-japan.co.jp/

オンラインストア
・ブランド公式サイト: https://jp.jbl.com/
・楽天市場: https://www.rakuten.ne.jp/gold/jblstore/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング