お客さまと一緒に取組むマルイの環境・社会貢献活動は今後、「マルイミライ」として取組みを進化・深化させていきます。~みんなつながる、まあるい未来。~

PR TIMES / 2014年8月25日 15時31分



 株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井浩)は、お客さまと一緒に取組む環境・社会貢献活動の名称を「Earth Smile Project @marui」(アーススマイルプロジェクト@マルイ)から「マルイミライ」とし、取組みを進化・深化させていきます。
 当社は、環境の保全、企業の社会的責任を積極的に果たすために、より多くのお客さまのお役に立ち、社会とともに成長しつづける企業を目指しております。
 この度の名称、ロゴ変更につきましてはお客さまにご意見をおうかがいし、いただいたキーワードである「わかりやすい」「マルイらしい」「印象に残る」をもとに作成し、決定の運びとなりました。

■ ロゴマークのコンセプト
3色の輪が重なるロゴマーク(※1)は、お客さまとマルイがつくる未来を表しており、それぞれ「マルイ」「お客さま」「社会」を表しています。現在おこなっている社会貢献活動の主な取組みにつきましても、この3つの輪が重なるロゴマークを活用し、取組みによって色を変えながら、それぞれを象徴するロゴが決定しました。(※2)
※1 サブ画像1参照 ※2 サブ画像2参照

■ 社会貢献活動の取組み
 これまで、お客さまと一緒に取組む社会貢献のひとつである、着なくなった洋服を有効活用するための「循環型ファッションの取組み」や、お客さまに包装方法をお聞きすることでお客さまニーズにお応えする「包装ニーズをおうかがいする取組み」などをおこなってまいりました。
 この度の「マルイミライ」の展開スタートにともない、これらの活動の名称とロゴを一新するとともに新しい取組みもおこなってまいります。今後は「マルイミライ」を活動の冠ロゴとし、その他様々な活動についても、より進化させながら取組んでまいります。

■ ロゴ変更となる取組みと新しい取組み

【つながるプロジェクト POWER OF FASHION ← 循環型ファッションの取組み】
 衣料品の「販売→回収→有効活用」という、循環型消費社会の実現にむけた取組み。丸井グループでは、衣料品下取り」にて店頭でお預かりした衣料品を、「東北復興支援」「途上国への寄贈」、そしてマルイ店舗での「衣料品リユースバザーでの販売」などの方法で有効に活用させていただいております。2014年度より、新たに「婦人靴」の下取りもスタートいたしました。

【ナチュラッピング ← 包装ニーズをおうかがいする取組み】
 マルイ店舗にて、接客の一環として、販売時に「ちょうどいい」包装方法をおうかがいする取組み。この取組みの結果、簡易な包装でかまわないという約5割のお客さまのご要望にお応えすることで、使用するビニール・ゴミの削減による環境貢献にもつながっています。

【カーボンフットプリント】
 商品の原材料調達から輸送・リサイクルされるまでに排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算して商品に表示する取組み。「ラクチンきれいパンプス」のなかで特にたくさんのお客さまからご支持いただいているフラットパンプスについてカーボンフットプリントを実施しています。

■ 丸井グループの概要
商   号  : 株式会社 丸井グループ
本社所在地  : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話   : 03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
U R L  : http://www.0101maruigroup.co.jp
社   長  : 青井 浩
店 舗 数  : 24店舗 (2014年3月31日現在)
主な関連会社 : (株)丸井、(株)エポスカード、(株)エイムクリエイツほか

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング