1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

洗練されたミニマルデザインと熟練のデジタル技術の融合 ストリーミング時代に音楽の深淵に迫る 英国・ケンブリッジ生まれのオーディオブランド「ARCAM」日本導入

PR TIMES / 2021年9月16日 9時45分

ハーマンインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:トム・メッツガー)は、英国・ケンブリッジ生まれのオーディオブランド「ARCAM(アーカム)」を日本市場に導入することを決定し、インテグレーテッド・アンプを含む洗練された4モデルを2021年10月より順次発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-23a9c1ff53966cca24ca-17.png ]

「ARCAM」は、1976年に英国・ケンブリッジにて名門ケンブリッジ大学の学生であったジョン・ドーソンらによって創業されました。シンプルで美しいデザインと高いサウンドパフォーマンスを実現した、最初のインテグレ―テッド・アンプ「A60」が話題を呼びました。さらに80年代に入り、完全自社開発のCDプレーヤーやコンポーネントDACの草分け的存在「Black Box Delta」シリーズの発売により、業界に先駆けてデジタルオーディオの利便性に着目し、「デジタルオーディオの高音質化」を追求してまいりました。そして、2017年よりハーマンインターナショナルのグループ傘下となり、より広い販売ネットワークと開発資産を共有したことにより、さらに多くの国や地域で高い評価を獲得することができました。

クラシック音楽が根付き、ロックミュージックが生み出され、世界中のさまざまな音楽を育んできたイギリスの豊かな音楽文化の中で誕生した「ARCAM」は、『生活の中に音楽を』をモットーに掲げています。大げさなシステムではなく、必要十分の良質なオーディオ機器を40年以上に渡り作り続けており、現在でも創業当時と変わらず英国・ケンブリッジ、ウォータービーチのオフィスにて製品開発が行われています。

このたび、日本国内において正式に発売となるのは、「ARCAM」が誇るクラスGアンプを搭載し、豊富な機能と充実のインターフェースを搭載したインテグレーテッド・アンプ「SA30」をはじめとした4モデルです。上位モデルである「SA30」から機能面をよりシンプルにした「SA20」。SACD/CDなどのパッケージメディアだけでなく、ネットワーク・プレーヤーとしてもすぐれた機能と音質を備えた「CDS50」。そして、B5サイズの超コンパクトボディにハイクオリティーアンプと先進のストリーミングオーディオを融合したオールインワン・オーディオシステム「Solo Uno」など、洗練された高品質モデルが登場します。いずれのモデルも「ARCAM」の創業当時から変わることの無い『音楽に対してどこまでも真摯でシンプル』という設計思想を元に、今日まで培われた最新技術が惜しみなく投入されています。

英国生まれのオーディオブランド「ARCAM」は、昨今のストリーミング時代を生きるすべての音楽を愛する方々に向けて、音楽をもっと身近に、もっと良い音で楽しんでいただくために、新たなミュージックライフを提案いたします。

【主な特徴】
[SA30] ステレオ インテグレーテッド・アンプ
端正なデザインに凝縮された高音質技術の数々。豊富な機能と充実のインターフェースを搭載。
新たなミュージックライフを提案するインテグレーテッド・アンプ。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-2f2dc1c03dd0e60e73a4-1.jpg ]


[画像3: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-ebaa1017d57f0d72f6f2-3.jpg ]

●A級動作のサウンドクオリティとハイパワーを両立する

 130W/chクラスGアンプ搭載
●MQA対応・高解像度D/Aコンバーター搭載
●室内環境に応じた自動音場補正機能「Dirac Live」装備
●電源部には大型トロイダルトランスを採用
●5GHz/2.4HGHzデュアルバンドWi-Fi搭載
●高品位MM/MCフォノ入力装備
●ARC対応HDMI搭載でテレビとの接続も可能
●専用スマートフォンアプリ「MusicLife」で直感的に操作可能

<採用されている主な技術>
■「クラスGアンプ」トポロジー

[画像4: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-fe13fce2a9348273b5cb-7.png ]

「クラスGアンプ」とは、歪みの少ない高精細な再生音を実現する「クラスAアンプ」と、大出力の要求に高効率に応えることのできる「クラスABアンプ」を高品位にマネジメントするハイブリッド型のアンプ技術です。
特に高価格帯のアンプで多く採用される「クラスAアンプ」は、歪みの発生しない領域で出力素子を動作させるために高いバイアス電流をかける必要があり、音質に定評があります。一方で、そのほとんどは熱として消費され、 エネルギー損失が多いことに加え、大出力を実現するためには物理的な筐体スペースやコストが必要になるという課題があります。
そこで「ARCAM」では、「日常の音楽視聴における歪みのない精細な再現性」と「映画などの再生における急激な大出力(例えば爆撃音のような)」では、要求されるアンプ性能が全く異なることに注目。どちらの場面の再生時にも「あるがままのサウンド」を実現すべくたどり着いたのがこのハイブリッド技術です。しかしながら、この「クラスGアンプ」を実現するためには高度なアンプ設計技術と部品点数増によるコストアップが課題となります。「ARCAM」では長年の製品開発で培われた技術と創業当時より変わらない「シンプルな回路」を良しとする設計思想により、お求めやすい価格と一般家庭でも設置しやすいサイズ、そして洗練された無駄のないデザインの「クラスGアンプ」を実現しています。

■先進のデジタル技術

[画像5: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-12fbf6b07060631d95d3-9.png ]

現在のオーディオ市場では珍しくなくなった単品のDAC(D/Aコンバーター)を英国ではじめて「Black Box Delta」シリーズとして開発・発売したのが「ARCAM」です。また、世界初のデジタルラジオ(DAB)チューナー、英国初のCDプレーヤーの開発など、常にデジタルオーディオの持つ利便性がより多くの人々に良い音楽を届ける手段として主流となることを目標として、様々な革新的製品を世に送り出してきました。
また、デジタルオーディオで避けては通れない「ジッター」の問題にもいち早く注目。徹底した対策を各デジタル入力で行うことで、元のアナログ信号に忠実なD/A変換を実現しています。
さらに2015年にはインパルス応答特製と周波数特性の補正を組み合わせた画期的なルーム音場補正技術「Dirac Live」をいち早くアンプに搭載。時間軸上の音のズレがもたらす問題に対して、設置する部屋の影響も含めた対策を行うことで、「誰もが手軽に良質な音楽再生環境を構築できる」ことを身近なものにしています。

■ Designed in California

[画像6: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-7ef514c5ea82c30f52f2-19.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-31dc1d49e531dbeb3e0d-18.png ]

「ARCAM」は現在でも創業の地である英国・ケンブリッジで製品の設計・開発を行っています。「Music First」という思想の元、「音楽がありのままに再現される」ことに集中して日々開発を続けています。
初めて設計したインテグレーテッド・アンプ「A60」は音の純度を保つために最短回路で音楽信号を出力先へ送ることを考慮し、すべてのオーディオ回路が1枚の基板上にデザインされていました。
それから40年以上後に設計された最新のアンプ「SA20」の内部デザインは、驚くほどにその構成が似ています。しかし、このデザインはただ継承するだけでなく、ハイパワーの実現をはじめとする着実な進化が、不変の基本思想に積みあがっている証拠でもあります。
「シンプル化」を徹底する一方で、大型トロイダルトランスや肉厚なヒートシンク、巨大コンデンサなど、音質の基礎に関わる部分は細部までこだわり抜き、『無駄は徹底的に省くが、感情に訴える部分には惜しみなく投入する』という英国特有の合理主義が、他ブランドにはない独特の魅力につながっています。

[SA20] ステレオ インテグレーテッド・アンプ
上位モデル同様のクラスGアンプ搭載。
よりシンプルに、音楽に浸りきるインテグレーテッド・アンプ。

[画像8: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-cefff7fb7d2be12d7b8d-0.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-9435f21545fdb27e63ed-15.jpg ]

●A級動作のサウンドクオリティとハイパワーを両立する
 90W/chクラスGアンプ搭載
●電源部には大型トロイダルトランスを採用
●高品位MMフォノ入力装備
●低ノイズ、高精度レベル調整が可能なレジスターラダーボリューム
●カスタムコントロールにも対応するRS232・Network端子装備

[CDS50] SACD/CDネットワーク・プレーヤー
SACD/CD、そしてネットワーク・プレーヤーとしてもすぐれた機能と音質を獲得。
伝統のデジタルオーディオ技術を惜しみなく投入したマルチプレーヤー。

[画像10: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-50c236b840197e1323bb-16.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-807bb54e80728bcb4b09-14.jpg ]

●SACD、CD、USBメモリー、ネットワーク再生に対応
●192kHz/32ビットD/Aコンバーター搭載
●Wi-FiとEthernet搭載で、ストリーミング再生に対応
●高性能DACとしても使用可能なデジタル入力2系統搭載
●カスタムコントロールにも対応するRS232・Network端子装備
●専用スマートフォンアプリ「MusicLife」で直感的に操作可能

[Solo Uno] アンプ内蔵ストリーミングプレーヤー
B5サイズの超コンパクトボディにハイグレードサウンドと先進のストリーミングオーディオ技術を融合。
音楽をもっと身近にする、これからのオールインワン・オーディオシステム。

[画像12: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-e49f2eb574661a41cb9f-2.jpg ]

[画像13: https://prtimes.jp/i/12767/267/resize/d12767-267-07244fabcda7b2290bbc-4.jpg ]

●横幅わずか14cm・B5サイズの超コンパクトストリーミングアンプ
●MQA対応・高解像度D/Aコンバーター搭載
●AirPlay2※1、Chromecast※2、Roon Ready対応
●ドライブ力の高い最大出力50W/chの高効率アンプ搭載
●5GHz/2.4HGHzデュアルバンドWi-Fi搭載
●高剛性アルミキャストボディと美しい鏡面クローム仕上げ
●ハイグレードスピーカー端子搭載
●3.5mmAUX入力端子およびサブウーファー用出力端子装備
●専用スマートフォンアプリ「MusicLife」で直感的に操作可能

【主な仕様】
■SA30
製品名:SA30
アンプ出力(RMS):130W/ch@8Ω、200W/ch@4Ω
周波数特性:20Hz – 20kHz(±1dB)
全高調波歪+ノイズ:0.002%(80%Power、8Ω,1kHz)
S/N比:112dB(A-wtd、100W、ref.2.1V input)
アナログ入力端子:アンバランス・ライン(RCA、10kΩ)×3、
         3.5mmステレオミニ×1、
         MCフォノ(RCA、負荷抵抗470Ω/1nF)×1
デジタル入力端子:オプティカル×2、同軸×2、Ethernet、Wi-Fi
ヘッドフォン出力:5Vms(600Ω)
最大消費電力:800W
外形寸法:W433×H100×D323mm(突起物含む)
重量:10.7kg
付属品:リモコン、Wi-Fiアンテナ、電源コード、測定用マイク、取扱説明書(多国言語)、保証書
発売日:2021年10月発売予定
標準価格:¥330,000(税込)

■SA20
製品名:SA20
アンプ出力(RMS):90W/ch@8Ω、150W/ch@4Ω20Hz – 20kHz(±1dB)
周波数特性:20Hz – 20kHz(±1dB)
全高調波歪+ノイズ:0.002%(80%Power、8Ω,1kHz)
S/N比:106dB(A-wtd、100W、ref.2.1V input)
アナログ入力端子:アンバランス・ライン(RCA、10kΩ)×3、
         3.5mmステレオミニ×1、
         MMフォノ(RCA、負荷抵抗47kΩ/100pF)×1
デジタル入力端子:オプティカル×1、同軸×2、Ethernet
ヘッドフォン出力:5Vms(600Ω)
最大消費電力:500W
外形寸法:W433×H87×D323mm(突起物含む)
重量:9.2kg
付属品:リモコン、電源コード、取扱説明書(多国言語)、保証書
発売日:2021年12月発売予定
標準価格:¥165,000(税込)

■CDS50
製品名:CDS50
出力電圧:2.2Vrms(RCAアンバランス)、4.5Vms(XLRバランス)
周波数特性:10Hz – 20kHz(±0.5dB)
全高調波歪+ノイズ:0.0008%(1kHz)
S/N比:118dB(アンバランスA-wtd)、122dB(バランスA-wtd)
アナログ出力端子:アンバランスRCA×1、バランスXLR×1
デジタル入力端子:オプティカル×1、同軸×1、Ethernet、Wi-Fi
デジタル出力端子:オプティカル×1、同軸×1
サポートファイル:WAV、FLAC、ALAC、OGG(192kHz/24bit)
         AAC(96kHz/24bit)、MP3(48kHz/16bit)
         WMA(44.1kHz/16bit)
最大消費電力:20W
外形寸法:W433×H87×D283mm(突起物含む)
重量:5.3kg
付属品:リモコン、Wi-Fiアンテナ、電源コード、取扱説明書(多国言語)、保証書
発売日:2021年10月発売予定
標準価格:¥143,000(税込)

■SOLO UNO
製品名:SOLO UNO
アンプ出力(RMS):25W/ch@8Ω、50W/ch@4Ω
周波数特性:10Hz – 20kHz
S/N比:117dB
アナログ入力端子:3.5mmステレオミニ×1
デジタル入力端子:Ethernet、Wi-Fi
サブウーファー出力クロスオーバー:80Hz
サポートファイル:WAV、FLAC、ALAC、AIFF、OGG(192kHz/24bit)
         AAC(96kHz/24bit)、MP3(48kHz/16bit)
         WMA(44.1kHz/16bit)
最大消費電力:60W
外形寸法:W140×H52×D213mm(突起物含む)
重量:1.5kg
付属品:Wi-Fiアンテナ、電源コード、取扱説明書(多国言語)、保証書
発売日:2021年10月発売予定
標準価格:¥77,000(税込)

<ハーマンインターナショナル(米国本社/Harman International Industries, Incorporated)について>
ハーマンインターナショナルは、プレミアム・オーディオ、ビジュアル、コネクテッド・カーと、それらを統合したソリューションを、自動車、消費者、プロフェッショナルの市場に向けて、設計・製造・販売しています。弊社のAKG(R)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、 Lexicon(R)、Mark Levinson(R)、Revel(R)を含む主要ブランドは、オーディオ愛好家やアーティスト、イベント/コンサート会場などで多く利用され、称賛を受けています。また今日では、弊社のオーディオやインフォテイメント・システムが装備された自動車が世界で5,000万台以上走っており、弊社のソフトウェアサービスは、オフィスや家庭、車やモバイルなどあらゆるプラットフォームにおいて、何十億台ものモバイル端末やシステムが安全な接続や統合を行えるよう、支えています。

お客様のお問い合わせ先
ハーマンインターナショナル株式会社
Tel: 0570-550-465
http://www.harman-japan.co.jp/

オンラインストア
・ブランド公式サイト: https://jp.jbl.com/
・楽天市場: https://www.rakuten.ne.jp/gold/jblstore/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング