小学校入学前に身につけてほしい力は「あいさつ」「えんぴつを正しく」「あきらめずに挑戦する」 ~「子ども自身が考えるよううながす」保護者からの働きかけが、小学校学習の基盤を作る~

PR TIMES / 2012年10月4日 15時6分



幼児期から小学1年生の家庭教育調査
小学校入学前に身につけてほしい力は
「あいさつ」「えんぴつを正しく」「あきらめずに挑戦する」
~「子ども自身が考えるよううながす」保護者からの働きかけが、小学校学習の基盤を作る~
---------------------
 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下ベネッセ)の社内シンクタンク「ベネッセ次世代育成研究所」では、2012年1~2月に、3歳児から小学校1年生までの子どもをもつ母親5,016名を対象に、「幼児期の家庭教育調査」を実施しました。「幼児教育」は、家庭教育と幼稚園・保育園の双方で担われるものですが、今回の調査は「家庭教育」に着目したものです。
 今回、小学校入学以降の学習生活に適応するために必要となる幼児期の学習準備として、以下の3つの項目を設定し、各年齢でこれらの項目が身についているのか否かを調査しました。また、保護者のどのような関わりが子どもの学習準備に影響を与えるのかを明らかにしました。

<幼児期の学習準備>
1.「生活習慣」= トイレ、食事、あいさつ、片づけなど生活していくために必要な習慣
2.「学びに向かう力」= 自分の気持ちを言う、相手の意見を聞く、物事に挑戦しようとする、等
自己主張・自己統制・協調性・好奇心に関係する力
3.「文字・数・思考」= 文字や数の読み書き、順序の理解など、幼児期から小学校段階での学習に関係する力


主な調査結果は以下の通りとなります。

1.小学校入学までに、「あいさつ」「えんぴつを正しく持つ」「あきらめずに挑戦」ができていてほしい
 小1生の子を持つ母親が振り返ったとき、「子どもが小学校入学までに身につけてほしいもの」は、「生活習慣」面では「あいさつやお礼を言える」(36.4%)、「文字・数・思考」面では「えんぴつを正しく持てる」(44.6%)、「学びに向かう力」面では「物事をあきらめずに挑戦する」(31.1%)が、それぞれの最上位に挙がった。 ※「生活習慣、学びに向かう力」18項目より3つ、「文字・数・思考」11項目より3つを選択する形式。

2.小学校入学までに、「文字・数・思考」の力は伸びていくが、「学びに向かう力」は必ずしも伸びない
 年少児~小1生の子を持つ母親に自分の子どもができることを尋ねたところ、「文字・数・思考」については、子どもの年齢が上がるにつれ「できる」という割合が増える傾向で、例えば、「かな文字を読める」「長さや高さの比較ができる」(文字・数・思考)は、年長では9割に達する。一方、「生活習慣」や、「学びに向かう力」については、必ずしもそのような傾向はなく、例えば、「片づけ」(生活習慣)、「あきらめずに挑戦する」(学びに向かう力)が「できる」のは、年長児でも6~7割に留まる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング