ホームページを通じて「延着証明書」を発行します ~10月1日(水)から~

PR TIMES / 2014年10月1日 9時42分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、10月1日(水)から、ホームページを通じて列車の「延着証明書」を閲覧・発行できるようにします。



現在、当社では、事故等により列車に遅延が発生した場合、各駅で「延着証明書」を発行していますが、ラッシュ時などは駅窓口が混雑するなど、お客様にご負担をお掛けしていることから、実施するものです。

1.提供開始日時
2014年10月1日(水)午前9時00分

2.対象路線
全路線(全路線一括して掲載します(路線ごと及び駅ごとの掲載はいたしません。)。)
なお、路線は、(1)本線:梅田~元町、(2)阪神なんば線:大阪難波~尼崎、(3)武庫川線:武庫川~武庫川団地前、(4)神戸高速線:元町~西代の4路線です。

3.掲載基準、掲載開始時刻及び掲載期間
(1)掲載基準
営業列車運転中に、5分以上の遅延が発生した場合

(2)掲載開始時刻
年末等一部の日を除き、原則として、次のとおりとします。
(1)「始発から9:00までの遅延」(平日ダイヤ運転日)当日9時頃に掲載
 (土休日ダイヤ運転日)当日12時頃に掲載
(2)「9:00から17:00までの遅延」当日19時頃に掲載
(3)「17:00から終電までの遅延」翌日7時頃に掲載

(3)掲載期間
延着の発生日から7日間

4.ご利用方法
阪神電車ホームページ http://rail.hanshin.co.jp/ からアクセスしてください。
(パソコンのほか、スマートフォン等からでもアクセスいただけます。)

5.その他
延着証明書は、現行どおり各駅改札口でも発行します。


阪神電気鉄道 http://www.hanshin.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング