1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【岡山大学】自身の活性酸素を消す力ががん免疫力を高めることを発見!~免疫T細胞に本来備わる活性酸素消去力をメトホルミンが活性化~

PR TIMES / 2021年10月2日 11時15分

岡山大学、理化学研究所、千葉大学、慶應義塾大学、順天堂大学、筑波大学、愛知県がんセンター、東京大学病院のメンバーからなる研究チームの研究成果です



2021(令和3)年 10月 1日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/72793/274/resize/d72793-274-baff7c20ea22b3d9a8a0-0.jpg ]



<発表のポイント>


免疫T細胞のもつ自身の活性酸素を消す力が、抗がん活性を高めることを発見しました。
活性酸素を消す力は免疫T細胞の増殖を促すと同時にがん細胞の殺傷力を高めます。
活性酸素を消す力をもたらす化合物として糖尿病治療薬メトホルミンがありました。



◆概 要
  国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の学術研究院医歯薬学域(免疫学)の鵜殿平一郎教授と西田充香子助教を中心とする、理化学研究所、千葉大学、慶應義塾大学、順天堂大学、筑波大学、愛知県がんセンター、東京大学病院のメンバーからなる研究チームは、糖尿病治療薬メトホルミンが免疫T細胞のミトコンドリアに微量活性酸素を発生させることで逆に自身の活性酸素を消去する力を高め、抗がん活性に繋げることが可能であることを明らかにしました。

 この研究成果は2021年8月2日、英国の雑誌「Journal for Immunotherapy of Cancer」のResearch Articleとして受理され、9月16日、電子版に掲載されました。

 固形癌の中に浸潤した免疫T細胞は眠った状態にありますが、メトホルミンでミトコンドリアに刺激を与えると目を覚まして増殖を開始し、がん細胞を殺傷する力が高まります。この研究は、固形癌中の休眠状態にある免疫T細胞の活性化を促す方法に関して重要な知見を与え、現行の免疫治療薬である免疫チェックポイント阻害薬との併用により、がん免疫療法をより効果的に改善できることが期待されます。


◆鵜殿平一郎教授からのひとこと
 錠剤を飲むだけで簡単に癌が治らないかという夢を抱いたのが今から10年前、それを可能にするかもしれない化合物として2型糖尿病治療薬メトホルミンを発見して誌上に発表したのが2015年。しかし、そのメカニズムがわからない。これが解明されなければサイエンスではない、ただのお呪い薬。世界中の研究者はミリモル(mM)オーダーのメトホルミン濃度で実験を行い、実に様々な言説が流布中です。この濃度では癌細胞の増殖は止まっても免疫細胞は全て死滅します。私たちはあくまで患者血中濃度と同じ数マイクロモルの条件で気の遠くなるような実験を繰り返しました。
 その努力が今回の発見に繋がりました。今回の発見では、薬の濃度効果の妙、活性酸素を消す力(抗酸化力)と免疫T細胞の関係性、インターフェロン・ガンマによる癌細胞の代謝制御など、思いもかけず新知見満載となりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/72793/274/resize/d72793-274-1b1f8731b54b25abe472-1.jpg ]


◆論文情報
 論 文 名:Mitochondrial reactive oxygen species trigger metformin-dependent antitumor immunity via activation of Nrf2/mTORC1/p62 axis in CD8T lymphocytes
 掲 載 紙:Journal for Immunotherapy of Cancer
 著  者:Mikako Nishida, Nahoko Yamashita, Taisaku Ogawa, Keita Koseki, Eiji Warabi, Tomoyuki Ohe, Masaaki Komatsu, Hirokazu Matsushita, Kazuhiro Kakimi, Eiryo Kawakami, Katsuyuki Shiroguchi, Heiichiro Udono
 D O I:10.1136/jitc-2021-002954
 U R L: https://jitc.bmj.com/content/jitc/9/9/e002954.full.pdf


◆詳しいプレスリリースについて
 自身の活性酸素を消す力ががん免疫力を高めることを発見!~免疫T細胞に本来備わる活性酸素消去力をメトホルミンが活性化~
  https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20210929-6.pdf


◆参考情報
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
  http://www.hsc.okayama-u.ac.jp/mdps/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 免疫学分野
  https://www.okayama-u.ac.jp/user/immuno/index.html

[画像3: https://prtimes.jp/i/72793/274/resize/d72793-274-7580b89e58484bd28916-2.png ]


◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域(医)免疫学分野 教授 鵜殿平一郎
 〒700-8525 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5番1号 岡山大学鹿田キャンパス
 TEL:086-235-7192
 FAX:086-235-7193
  https://www.okayama-u.ac.jp/user/immuno/index.html

<岡山大学病院との連携等に関する件(製薬・医療機器企業関係者の方)>
 岡山大学病院 新医療研究開発センター
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 下記URLより該当する案件についてお問い合わせください
  http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/ph_company/

<岡山大学病院との連携等に関する件(医療関係者・研究者の方)>
 岡山大学病院 研究推進課 産学官連携推進担当
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 TEL:086-235-7983
 E-mail:ouh-csnw◎adm.okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
  http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/medical/

<岡山大学の産学連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学連携・知的財産本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
  https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ): https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ): https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ: https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020): https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年10月期共創活動パートナー募集中:
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000269.000072793.html

 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html

[画像4: https://prtimes.jp/i/72793/274/resize/d72793-274-3275554082607efacaa0-3.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング