CS放送『TBSニュースバード』の「3分11秒のメッセージ」が「スカパー!アワード2012」でニュース大賞を受賞!

PR TIMES / 2012年9月28日 13時27分



 TBSの24時間ニュースチャンネル『TBSニュースバード』で放送された「3分11秒のメッセージ」が、9月27日(木)に行われた「スカパー!アワード2012」において、優れた報道番組に贈られる「ニュース大賞」を受賞。昨年の「東日本大震災報道特別番組」に続き、2年連続の受賞となった。

 『TBSニュースバード』では、昨年の東日本大震災の発生以降、JNN三陸臨時支局を拠点に被災地を継続して取材。キャスターも時間の許す限り交代で被災地に赴き、その現状を自らの視点でリポートした。
そして、被災地・非被災地を問わず、復興に向けて活動・表現する様々な人たちの思いを“3分11秒のメッセージ”として収録。震災発生からちょうど1年が経った、2012年3月11日(日)の毎時24分すぎと54分すぎに『TBSニュースバード』で放送した。21人の思いを込めたメッセージビデオを集中的に放送するという、ニュース専門チャンネルの特徴を活かした番組形態と編成は、多くの視聴者から好評を得た。
 なお、これらのインタビュー映像は、『TBSニュースバード』のホームページで視聴することが出来る。
【URL】 http://www.tbs.co.jp/newsbird/special/sp0311.html

 「スカパー!アワード2012」では、TBSを中心するネットワーク・JNNの一連の取り組みが、視聴者からの高い評価を得て、2年連続のニュース大賞受賞となった。

■『TBSニュースバード』・鈴木宏友プロデューサー(報道局デジタル編集部)のコメント
TBS/JNNは被災地に取材の拠点を設け、被災された方々に寄り添う報道を心がけてきました。『TBSニュースバード』でも、10人のキャスターが交代で被災地に入り、チャンネル独自の視点で被災地の復興報道に取り組みました。今回受賞対象となった「3分11秒…」はその集大成でもあります。地道な震災復興報道が評価されたと思うと喜びもひとしおです。今後も被災地の外からでは見えにくい、復興の足取りを伝え続けてまいります。

■『TBSニュースバード』・草野真梨子キャスターのコメント
東日本大震災からちょうど1年後に放送した「3分11秒のメッセージ」。この企画にはインタビュアーという形で関わらせていただきましたが、これまでで最も印象に残る取材となりました。様々な方と会話をする中で、言葉や思いをまっすぐに伝えることの大切さ、さらに使命感を改めて強く感じました。多くの不安を抱えながらも取材に協力してくださった皆様に改めて感謝の気持ちを伝えたいです。また、2年連続でこのような賞をいただき大変光栄であると共に、今後もこの賞に恥じないような報道を続けていきたいと思います。

■『TBSニュースバード』・三浦茉莉キャスターのコメント
東日本大震災以来ずっと、私達『TBSニュースバード』のテーマは、被災者のリアルな声を届けることだったような気がします。スタッフ、そしてキャスター全員が被災地に行き、状況を目に焼き付けました。私達にできるのは、被災地の現状や被災者の皆さんの声を真っ直ぐに受け止めたうえで、冷静に伝えることだけなのだと思います。何か災害が起こった時、とりあえず24時間ニュースチャンネル『TBSニュースバード』に合わせよう!と思っていただけるよう、今後ともスタッフ一同、臨戦体勢で努力します。


※「スカパー!アワード」
スカパーJSAT株式会社が主催する多チャンネルコンテンツの祭典。多種多様なコンテンツの訴求等を目的として2008年から始まり、今年で5回目を数える。「スカパー!」のプラットフォームにて1年間に放送された全番組の中から、各ジャンル部門にて番組をノミネート。その後、一般からの投票などを経て、各ジャンルにおける最高得票の番組に部門賞が授与される。

◇『TBSニュースバード』
圧倒的な情報量で24時間、最新ニュースをお届けする、TBSのニュース専門チャンネル。スカパー!e2(10月よりサービス名称をスカパー!に変更予定、Ch.351)、J:COMやJCNほか全国のケーブルテレビ局、ひかりTVなどを通じてご覧頂ける。
【ホームページURL】 http://www.tbs.co.jp/newsbird/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング