スタートアップ企業との事業共創プログラム 第4期「東急アクセラレートプログラム」を実施します!

PR TIMES / 2018年5月7日 15時1分

-対象を上場企業や海外企業にも広げ、オープンイノベーションを加速させます-

 当社は、5月7日(木)から、スタートアップ企業との事業共創プログラム、第4期「東急アクセラレートプログラム」(以下、本プログラム)を実施します。



 本プログラムは、東急グループが持つ交通、不動産、生活サービスなどに関連する既存ビジネスに対して、外部のテクノロジーやサービスを活用し、新たな付加価値の提供を目指すオープンイノベーションプログラムです。審査を通過した企業に対して、東急グループのさまざまな資産や顧客接点などを活用して、サービスの用途開発と社会実装支援を行います。サービスのプロトタイプが完成しているスタートアップ企業を対象に、事業共創を通じて生活利便性を高める新サービスの創出と、渋谷をグローバルイノベーション拠点にすることを目的に、2015年度から実施しています。これまで3年間で延べ350件の募集があり、21件のテストマーケティングのほか5件の業務提携および出資を実行しています。

 これまで起業後おおよそ5年のアーリーステージの国内スタートアップ企業を対象にコンテスト形式をとっていましたが、今期は以下の通り変更し、より幅広く機動的にオープンイノベーションを推進します。

1.対象企業のステージ拡大
これまで対象としてきたアーリーステージの企業に加え、事業が軌道に乗り始めたミドルステージ、事業が多角化しているレイターステージのほか、上場企業で開発したサービスも対象とします。

2.募集期間の変更
年1回に定められていた応募期間を撤廃し、通年応募とします。

3.応募領域の拡大
前期の10領域から16領域に拡充します。
※「スマートホーム・スマートライフ」「建設」については、海外企業からの応募も受け付けます。

 5月7日(月)から本プログラムのホームページ上で募集を開始します。応募企業には原則、書類・プレゼンテーションでの審査を実施のうえ、東急グループの媒体や施設、顧客基盤、営業網などを利用した高効率なテストマーケティングを実施し、当社との業務提携や出資を検討します。

 第4期「東急アクセラレートプログラム」の詳細は別紙のとおりです。
[画像: https://prtimes.jp/i/10686/275/resize/d10686-275-638916-0.jpg ]


以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング