「富士山に関する訪日外国人と日本人の意識比較調査」を発表

PR TIMES / 2013年8月22日 17時22分

2013年上半期、日本を訪れた外国人の数は過去最高!! 世界遺産に登録されたばかりの「富士山」を、訪日数TOP3の韓国・台湾・中国の旅行者はどう見る!?

                       -調査結果トピックス-
■ 富士山の世界遺産登録についての日本での認知度は97.5%。訪日外国人別では、中国が86.0%と高い認知度と
 なった一方で、韓国は66.0%、台湾は59.5%に留まる。
■ 富士山の「美しい」というイメージは各国共通。台湾では、特に形状の美しさに対するイメージが日本より強い。
■ 富士登山のイメージは、日本、韓国、台湾で「険しい登山に挑戦する」がトップとなったが、中国だけが極端に低い
 数値に。エベレストの前では富士登山なんて楽勝!?
■訪日外国人は、日本人よりも富士登山に積極的。なんと、回答者全員が“登りたい”意向を示す!
■富士山周辺の旅行に対して独特のニーズを示す韓国。
■入山料の使途として適切と思うものは日本が「ゴミ問題の解決」と「登山道のトイレの整備」。
 韓国と台湾は「登山道の安全対策」。


“富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト”「フジヤマNAVI」〔運営:富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、

社長:堀内光一郎)〕は、富士山が世界遺産登録されたことを受けて、「富士山に関する訪日外国人と日本人の意識

比較調査」を行いました。

2013年上期(1~6月)の訪日外国人数は、円安で日本旅行への割安感が強まったこと等を背景に、前年同期比23%

増の495万5千人と過去最高を記録しました。今後も、今年6月に日本の象徴である富士山が世界遺産に登録された

ことで、海外からの旅行者増加が期待できます。その中で気になるのは、外国人から見た富士山の存在価値です。


そこで「フジヤマNAVI」は、夏の富士山の山じまいのお祭りとなる8月26日、27日の「吉田の火祭り」の前に、旅行

ガイドブックの「地球の歩き方」を発行する株式会社ダイヤモンド・ビック社の協力のもと訪日外客数トップ3※である

韓国・台湾・中国の旅行者各200名、および日本人200名を対象に世界遺産登録された富士山についての興味や

印象を調査しました。※出典:日本政府観光局(JNTO)


                      -調査結果トピックス-
■ 富士山の世界遺産登録についての日本での認知度は97.5%。訪日外国人別では、中国が86.0%と高い認知度

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング