【英会話レッスン回数無制限】ネイティブキャンプ 世界77億人をつなぐ!香港へオンライン英会話サービスの提供を開始

PR TIMES / 2020年9月18日 18時15分

オンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」を展開する株式会社ネイティブキャンプ(東京都渋谷区 代表取締役:谷川国洋)は2020年9月18日(金)香港へサービス提供を開始し、世界中のより多くの英語学習者にオンライン英会話サービスを提供いたします。

https://nativecamp.net/



[画像: https://prtimes.jp/i/12419/279/resize/d12419-279-666238-0.png ]

ネイティブキャンプは2015年にサービス開始以来、オンライン英会話サービスを提供し幅広い会員様にご利用いただいています。開始当初は日本のみにオンライン英会話アプリを提供していましたが、世界展開として2018年12月にタイ、2019年1月に韓国、2020年8月に台湾へサービス提供を開始しました。

香港の公用語は中国語と英語ですが、一般的に広く使われているのは中国語の一つで、大半の人の母語である広東語です。香港の教育制度では、書き言葉としての普通話(中国語の標準語)と英語、および話し言葉としての普通話・広東語・英語が使えるようになることを目指す「両文三語政策」が実施されており、幼稚園から母語以外の二つの言語教育が始まります。

このように、香港は英語教育に力を入れており、香港での英会話市場は今後も安定して拡大すると考え、この度オンライン英会話サービスの提供を開始することにいたりました。
香港で提供を開始したアプリは、アプリ内言語や教材がローカライズされています。ネイティブキャンプの「レッスン回数無制限」「予約不要」という特徴はそのままに、香港の語学力向上に寄与してまいります。

現在は日本・タイ・韓国・台湾・香港の5ヶ国でサービスを展開中ですが、今後も積極的に世界展開を目指し、世界中の英語学習者により良いサービスを提供できるよう努めてまいります。



ネイティブキャンプの特徴


[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=xsb2iuyPHRU ]

「ネイティブキャンプ」( https://nativecamp.net/)は、独自のサービスで「いつでもどこでも英会話レッスン」が受講できる唯一の定額制オンライン英会話アプリです。2015年6月にサブスクリプション英会話サービスを開始後、およそ5年1ヶ月で世界累計利用者数50万人を突破。

1. レッスン回数無制限
2. 24時間365日レッスン可能
3. 世界100ヶ国の講師
4. 話し放題・聞き放題・読み放題・書き放題
5. パソコン・スマホ・タブレット、どこからでもレッスン
6. オンライン英会話初カランメソッド正式提携校
7. 1,980円のファミリープラン

以上7点を特徴とし、世界各国のバラエティ豊かな12,000名以上の講師と7,000以上の豊富な教材による英会話レッスンは累計レッスン数1,000万回を超え、多くの方にご利用いただいています。



法人向けサービス( https://nativecamp.net/corporate

法人様の英語研修なら私たちにお任せください。
限られた時間の中で効率よく最速で英語を習得するために最適な環境がネイティブキャンプには整っています。


教育機関向けサービス( https://nativecamp.net/school

「話す」「聞く」「読む」「書く」の英語4技能を高めるために、最適な環境がネイティブキャンプには整っています。



株式会社ネイティブキャンプについて( https://nativecamp.co.jp/


[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=9A7j2xQtLxQ ]

ネイティブキャンプはアジアにおいて最も成長しているオンライン英会話会社のひとつです。個人向けサービス、法人向けサービス、教育機関向けサービスとしてオンラインで英会話レッスンを手頃な価格で提供しています。 世界各地に拠点をおき、アジア地域、ヨーロッパ地域、北米地域でオンライン英会話サービス事業を運営、その規模は急速に拡大し続けています。

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2 大畠ビル
代表取締役: 谷川 国洋
事業内容: オンライン英会話サービス事業


本リリースに関する報道関係のお問い合わせ

株式会社ネイティブキャンプ 広報部
Tel:03-5539-6857
E-mail:press@nativecamp.net
公式Twitter: https://twitter.com/NativeCamp?lang=ja

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング