UDデジタル教科書体を搭載した授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」のiPad版、Windows版を提供開始

PR TIMES / 2020年8月4日 15時45分

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」にモリサワのUDデジタル教科書体を搭載し、iPad版およびWindows版を本日より提供開始します。Chromebook版は8月下旬より提供開始を予定しています。

文科省が主導する「GIGAスクール構想」でも語られているとおり、学校において急速にPC/タブレットの普及が進んでいます。その普及に向けて大きな課題になっているのが日本語フォントです。PCやタブレット端末上に表示される日本語が学習指導要綱に準拠し、読みやすさや教えやすさに配慮することが求められています。

MetaMoJiでは長年、日本語の入力・編集環境の強化に取り組んでおり、今回のUDデジタル教科書体搭載により、iPad、Windows、Chromebookが混在する環境でも、同じ書体が表示される環境を実現します。

また、8月下旬に提供開始を予定しているChromebook版では、Googleアカウントでのシングルサインオンや、手書き日本語入力「mazec」を搭載いたします。

MetaMoJiでは、これからもICT教育の実現に貢献してまいります。

<「MetaMoJi ClassRoom」の主な新機能>
●[全OS共通]
 ・UDデジタル教科書体(モリサワ)、源ノフォントを搭載
 ・その他の細かな改修

●[Chromebook版]
 ・シングルサインオン(Googleアカウントでのログイン)に対応
 ・手書き日本語入力「mazec」を搭載
 ※Chromebook版は8月下旬提供開始予定

MetaMoJi ClassRoomについて
● iPad、Chromebook、Windowsに対応し、混在環境でも利用できる授業支援ソフトです。
● リアルタイムな画面共有・転送により、教師が机間巡視を行うことなく、児童生徒の学習状況が把握できます。
● 紙に書いているようなノートテイキングができるため、従来の学習と違和感なくICT教育で活用できます。
● 搭載しているかな漢字変換機能は、手書き入力からも利用でき、学年別辞書にも対応しているので学習に効果的です。

※「MetaMoJi ClassRoom」の製品詳細ページはこちらをご覧ください。
https://product.metamoji.com/education/

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiでは、先進的なIT技術をベースに、法人向け、個人向けアプリケーションを開発・提供しています。教育向けには、小学生から大学生まで次世代を担う子どもたちが、幅広い学習形態で、主体的・対話的に深い学びを実践し、ご利用いただけるシステムの研究、開発を行っています。
http://www.metamoji.com/

■本件に関するお問い合わせ
・製品についてのお問い合わせ:
担当 植松・福原
電子メール: info_ep@metamoji.com
電話番号: 03-5114-2912

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング