12/5(金)ついに“日本製イオンスマホ”登場

PR TIMES / 2014年11月27日 16時43分

端末代金込み月額2,880円! 最低利用期間・解除金なし!



イオンとビッグローブ株式会社は、12月5日(金)全国の「イオン」等550店舗において、第4弾となる「イオンスマホ」を発売します。第4弾は、「イオンスマホ」メインユーザーである55歳以上のG.G世代を中心に絶大な信頼と人気を誇る富士通の日本製端末「ARROWS M01」をBIGLOBEの通信サービスとセットで月額2,880円(税込3,110円)でご提供します。

本年4月に“格安スマホ”の先駆けとなる「イオンスマホ」を発売して以来、明瞭で“格安”な価格設定にくわえ、最低利用期間や契約解除料を設けずに、アフターサービスを充実させることで、“ガラケー”の携帯電話をご利用されている主婦層、G.G世代のお客さまの“スマホ”デビューを応援してきました。

その一方で、G.G世代のお客さまからは「今まで使ってきたケータイのブランド端末がほしい」「知っている日本メーカーの方が親しみがあっていい」といったお声をいただいていました。

こうした声を受け、見やすく、やりたい操作がすぐに分かる使いやすさを追求した特別モデル・富士通「ARROWS M01」を企画しました。

G.G世代の“スマホ”デビューを応援! “格安”で使いやすさ抜群の“日本製”

スマートフォンに興味はあっても、「料金が高い」「契約期間中は解約するにもお金がかかるので使いこなせないと不安」といったG.G世代のお客さまに、“格安”価格に、使いやすく馴染みのある日本製の端末、さらに手厚いサポート体制で、安心・快適なスマートフォンのあるくらしをお届けします。

<特長その1>日本製端末代金込み月額2,880円(税込3,110円)
動画はあまり見ない、SNSやインターネット閲覧中心」というG.G世代のお客さまのスマートフォン使用シーンに合わせた通信サービス・端末をご提供することで、スマートフォンを楽しむのに不便がない最適な“格安”価格を実現しました。

<特長その2>簡単!見やすい、使いやすい画面操作
スマートフォンならではの画面操作に戸惑われるG.G世代のお客さまのお声を受け、「電話」や「メール」など使用頻度の高い機能を大きく、分かりやすく配置する機能を搭載しています。
有機ELパネルの採用により、液晶パネルに比べて輝度が高く、視野角が広くなりました。

<特長その3>旅行やおでかけも安心な電池長持ち
2,500mAhの電池を搭載し、最大待ち受け時間約700時間(LTE)/約950時間(3G)、最大連続通話時間約11時間を実現しました。充電機会の少ない外出先や旅行も安心してスマートフォンを持って出かけられます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング