トリップアドバイザーが「温泉アドバイザー」ページ開設に伴い、 ユーザーが心理テストから自分にぴったりの温泉地を探せる「温泉マッチング」を開始

PR TIMES / 2014年12月2日 11時0分

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 原田静織、http://www.tripadvisor.jp/)は、全国の温泉宿を温泉地ごとにランキングした「温泉アドバイザー」ページ(http://www.tripadvisor.jp/pages/onsen.html)の開設に伴い、ユーザーが質問に答えていくと深層心理から自分に合った温泉が分かる「温泉マッチング」(http://tg.tripadvisor.jp/bestonsen/)プログラムも開始しました。トリップアドバイザーでは「温泉アドバイザー」ページ開設に先駆け、国内旅行でも更に使い勝手の良いサイトにすべく、旅館をメインタブに表示させる取り組みも実施しました。



■ 温泉宿を検索し、最安値で予約できる「温泉アドバイザー」
国内旅行に行くのであれば、温泉は日本人にとって不可欠と言えます。トリップアドバイザーでは、温泉宿の検索が簡単にできる、「温泉アドバイザー」のページを開設しました。「温泉アドバイザー」では、国内の1万軒を超える温泉宿を、約400の主要な温泉地ごとにカバーしており、都道府県別、温泉地別、アクセスランキング別に温泉宿を検索することができます。宿泊予定の日付と人数を指定すれば、複数の予約サイトを一括検索し、最安値を選んで予約することも可能です。

■ 自分にぴったりの温泉がわかる「温泉マッチング」プログラムを開始
「温泉アドバイザー」ページの展開に伴い、ユーザーが質問に答えていくと深層心理から自分に合った温泉が分かる「温泉マッチング」プログラムを開始しました。「温泉マッチング」は、温泉の美容力を研究する温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリストの石井宏子氏に監修していただいています。ユーザーが4択の診断テストに答えていくと、12のタイプに分類され、自分に合った温泉が表示されます。有名な「熱海温泉」から知る人ぞ知る「肘折温泉」までがセレクトされており、ユーザーは自分が深層心理で求めている温泉を知ることができる楽しいプログラムとなっています。

■ 日本の宿泊ページのメインページに旅館を移行し、カテゴリーを『ホテル/旅館』に変更
なお、今回の「温泉アドバイザー」開設に先駆け、トリップアドバイザーでは10月末より日本の宿泊メインページに旅館を移行させ、メインページのカテゴリーを『ホテル』から『ホテル/旅館』に変更しました。
トリップアドバイザーでは、各国の宿泊施設を世界共通で3つのカテゴリーに分類しており、メインページが『ホテル』、以下『B&B/イン』、『その他の宿泊施設』となっていました。日本固有の宿泊施設である旅館は、『ホテル』では無いため、メインページではなく、『B&B/イン』に分類されていました。
しかし、日本においては、多くの国内旅行者が同じエリアの旅館とホテルを同一のランキングで比較することを望んでいることや、海外から訪れる旅行者に日本の旅館文化や旅館ならではのホスピタリティを広く認知していただきたいという理由から、旅館をメインページに統合しました。これにより、トリップアドバイザーが展開する45か国28言語全てで、日本の宿泊施設を検索した際に 『ホテル/旅館』がメインタブとして現れるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング