【報道参考資料】イラク情勢レポート(2014年6月7日~2014年7月12日) 北部への人道支援ルートを確保

PR TIMES / 2014年7月15日 14時54分

北部・中部から避難した世帯はおよそ1万



※本信は ユニセフ・イラク事務所の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は以下でご覧いただけます
http://reliefweb.int/report/iraq/iraq-co-humanitarian-situation-report-06-12-july-2014


【2014年7月12日 バグダッド発】


■ 数字で見る概況

支援を必要とする人 150万人
避難生活を送る人 120万人

目標支援人数
保健・栄養 36万人、水と衛生 48万人、
教育21万5,000人、子どもの保護 50万人

必要支援額 3,600万米ドル(約36億3,600万円 ※1米ドル=101円で換算)

※2014年6月20日時点での推計及び地域対応計画に基づく


■活動のハイライト
・ユニセフは、ニナワ州のシンジャル(Sinjar)への人道支援ルートを開き、確保
7月7日、2回目となる現地視察を行い、避難民への支援物資の4回目の搬送を実施

・7月7日に、武力衝突発生以降、初となるはしか・風疹ワクチン10万本を出荷、エルビル
国際空港でワクチンを受け取るのは今回が2回目

・クルド自治区政府の保健省は、自治区内の3州(ドホーク、エルビル、スレイマニーヤ)
でのポリオ予防接種を8月10日まで延期し、係争地を含めた予防接種の実施を希望、
イラク保健省は8月3日より、ポリオ予防接種を実施予定

・教育省は、避難で学年末試験を受けられなかった生徒に対し、9年生~12年生は8月16日
に、それ以外の学年の生徒は8月5日に、試験を行うことを決定

・ユニセフ・イラク事務所は、北部での避難者の増減や動きなどにあわせて迅速に人道
支援を行えるよう、ドホーク州で新たに倉庫を設置予定、7月中旬より稼動予定


■情勢
・紛争下にある地域は治安や生活環境が安定しないことから、避難や移動する人が引き
続き増加し、情勢が刻々と変わっている

・タラファル(Talafar)での対立により、エルビル州のバヘルカ(Baherka)・
トランジットセンターへの避難者の流入が続く、これらの人の多くはシンジャルを抜け、
南部のナジャフ州やカルバラ州を目指している

・ベヘルカのキャンプの人口は、1,000人~6,000人と変動が大きく、人道支援が困難と
なっている


・ニナワやサラーハッディーン、キルクーク、
アンバールの各州から避難した世帯は
およそ1万、現在、ナジャフやカルバラ周辺に
避難

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング