【FRONTIER】コンパクトなケースに機能を凝縮 オフィスで活躍する省スペース型PC 新発売

PR TIMES / 2018年8月24日 13時1分

~ ASRock製マザーボード × 第8世代インテルプロセッサー搭載~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2018年8月24日(金)より、コンパクトなケースに機能を凝縮した省スペースPC<CSシリーズ>の販売を開始します。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、[幅:約93mm x 高さ:約293mm x 奥行:約310mm]のコンパクトなケースに機能を凝縮した省スペース型PC<CSシリーズ>です。安定性に優れたASRock製マザーボード「H310M-ITX/ac」をベースに、第8世代インテルプロセッサーを搭載し、複雑な演算処理や編集など負荷がかかる作業においてもスムーズな動作を実現します。また、無線LANを標準搭載しているため、煩わしい配線が必要なくオフィスでも楽にご活用いただけます。小さいながらDVDマルチドライブや最大3基のストレージを内蔵できる拡張性も備えています。
価格を抑えて購入できるCeleron搭載モデルから高性能なCore i7搭載モデルまで4機種をご用意していますので、ぜひお好みのモデルをお選びください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/)にて、2018年8月24日(金)より販売を開始します。

▼省スペース型PC<CSシリーズ>はこちら
  http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1808240201

[画像: https://prtimes.jp/i/8196/285/resize/d8196-285-145505-0.jpg ]


■製品の特長

<Mini-ITXマザーボードを採用したコンパクトなケースを採用>
Mini-ITXマザーボードとノート用のスリムDVDマルチドライブを内蔵したことにより、ほぼ同性能のスリムタワーよりも小さいサイズを実現しました。 カスタマイズも充実でCPU、メモリ、Blu-rayドライブ、NVMe SSDをお好みでお選びいただけます。

<ASRock製 H310M-ITX/acマザーボード採用>
コストパフォーマンスと安定性に優れたASRock製 『H310M-ITX/ac』を採用しました。映像出力はオンボードでDVI-I、HDMI、Display Portを装備し、2画面までの同時出力に対応しています。 インターフェースにはUSB3.0、USB2.0を2つずつ装備し多彩な周辺機器の接続にも充分に対応出来ます。x4 PCIEに対応したM.2スロットには高速ストレージのNVMe SSDを取り付けることが可能です。 ELNA 製オーディオコンデンサを搭載し、ノイズレベルを大幅に低減したオーディオ回路を搭載しています。

<第8世代インテル プロセッサー・ファミリー搭載>
第8世代 インテル プロセッサーは14nm++プロセス技術により、 前世代から物理コアが増えています。そのため、複雑な演算処理や編集など負荷がかかる作業においても、より快適な動作を実現します。

<IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応の無線LANを標準装備>
最大通信速度433MBpsの無線LANを標準装備しているため、付属のアンテナを接続すれば煩わしいLAN配線を気にすることなくインターネットを楽しめます。また、 Bluetooth にも対応していますので、マウスやヘッドセットなどもワイヤレスでご利用いただけます。


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 :山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング