【報道参考資料】エボラ出血熱 予防策普及には信頼に基づく広報活動が重要 

PR TIMES / 2014年7月16日 15時19分

感染3カ国と感染ハイリスク4カ国での取り組み



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に編集
したものです
※原文は http://bit.ly/1n8RUCP でご覧いただけます


【2014年7月14日 ダカール(セネガル)発】

西アフリカで感染が続くエボラ出血熱。ユニセフは、感染と感染拡大を防ぐため、
一般市民に向けた教育・広報活動、予防や治療に必要な医療品等の提供、医療従事者
への研修・育成などを行っています。感染が確認された3カ国の状況と、感染リスクが
高い周辺4カ国を含めた取り組みをご紹介します。


■概要
この1カ月で、西アフリカでエボラ出血熱に感染する人は増加。エボラ出血熱に関する
うわさや恐怖心、誤解による感染拡大を食い止めるために、ユニセフとパートナー団体
は地域一帯での活動を拡大しています。これらの活動で重要となるのは、人間関係に
基づく広報活動、つまり、自身が信頼できる人からエボラ出血熱に関する正しい情報を
得ることです。

7月頭にガーナの首都アクラで、各国政府やNGO、国連機関などによってエボラ出血熱の
対応策が協議されました。会議では、コミュニティ参加による広報活動、早期での隔離、
感染した人の接触履歴の追跡、国境付近での管理等が、優先的な取り組みとして
合意されました。


■7月14日時点の状況


<ギニア>感染確認296名、死者197名
・感染が確認、推定、疑われた人は計409名、うち309名(確認・推定・疑いを含む)が
死亡、致死率76%
・報告された症例のうち、296名がエボラと確認され、うち197名がエボラで死亡と確認
・接触履歴の累計は4,946件
・西部のボッファ県、テリメレ県、デブリカ県、マセンタ県、東部のクルーサ県と
首都コナクリで感染中
・保健スタッフと感染が確認された地域、特に南部のゲケドュー県で、緊張は
続いている

<シエラレオネ>346名、死者110名
・5月26日に同国での感染が宣言された
・これまでに346名の感染が確認され、110名の死亡を確認、致死率は比較的低く32%
・主にKailahun、Kenema、Boandwesternareasで確認されている
・接触履歴の確認が進んでおり、これまでで計1,066件

<リベリア>感染64名*
・この1カ月で、リベリアでのエボラ感染件数は増加中
・保健省によると、疑い、推定、確認あわせて、3月の感染以降、報告された件数は
163件(64名の感染を確認)
・エボラに関連した死亡は94名、確認・推定を含めた致死率は71%
・北部のロファ、西部のモントセラド、ボミでの感染を確認
*この数値は、5月下旬と6月上旬の再発以降のもののみ(それ以前の数値は現在検証中
につき除外)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング