動画の不要な部分を、簡単に消去するツール「ビデオ消しゴム Erazr」 6月26日(金)新発売

PR TIMES / 2020年6月26日 16時40分

https://www.sourcenext.com/product/pc/gra/pc_gra_002955/

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、
6月26日(金)に、Windows用の動画編集ソフト「ビデオ消しゴム Erazr(イレーザー)」(3,990円・税別、ダウンロード版)を弊社サイト上で発売いたします。



 本製品は、動画に映った不要な物を簡単に消せるソフトです。消したい物を囲むだけで、わずか数秒で元から何もなかったように自然に消すことができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/35169/286/resize/d35169-286-653309-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/35169/286/resize/d35169-286-504433-2.png ]

【 「ビデオ消しゴム Erazr」とは 】
 動画に映っている、消去したい対象物を囲むだけで、元から何もなかったかのように削除できるソフトです。

< 以下のようなもの削除するときに便利です >
・映り込んだ人、動物、物
・風景から電柱、ゴミなどの人工物
・空撮映像のドローン自身の影
・レンズの汚れ など

【 「ビデオ消しゴム Erazr」の特長 】
■初心者でも簡単、マーキングするだけ
 消したい部分をマーキングするだけで、数秒で自然に消去できます。消したい部分が移動している場合も、モーショントラッキング機能で自動追従させて消すことができます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/35169/286/resize/d35169-286-962977-1.png ]


■元からなかったような自然さ
 映ってほしくなかったものを、自然な仕上がりで消せます。さまざまなシーンで活用でき、思い出をきれいに残せます。

< 一例 >
・通行人: https://www.youtube.com/watch?v=uAOtNJWpOYY&feature=emb_title
・車両: https://www.youtube.com/watch?v=8Bw_Jlu2LxA&feature=emb_title
・電柱: https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=QJxMER851H0&feature=emb_title
・自転車に乗っている人: https://www.youtube.com/watch?v=gxtEpjZogQw&feature=emb_title
・滑走している飛行機: https://www.youtube.com/watch?v=EJhfh4E-Uno&feature=emb_title
・ドローンの影: https://www.youtube.com/watch?v=IESOCKjTuFI&feature=emb_title

「ビデオ消しゴム Erazr」の製品概要
■製品名     : 「ビデオ消しゴム Erazr ダウンロード版」
■価格      : 3,990円(税別)
■製品内容    : 動画編集ソフト
■開発      : proDAD GmbH
■販売・サポート : ソースネクスト株式会社
■製品情報    : https://www.sourcenext.com/product/pc/gra/pc_gra_002955/

「ビデオ消しゴム Erazr」の動作環境
■対応OS       : Windows(R) 10 / 8.1(いずれも64 ビット版のみ)
■CPU        : Intel Core i7推奨
■メモリ       : 6GB以上(16GB以上を推奨)
■グラフィックメモリ : 1GB以上(3GB以上を推奨)
■その他       :
・本製品は32ビットPCではご利用いただけません
・本製品のマニュアルやヘルプは、英語です
・本製品は、YouTubeへの出力機能、ペダルなどの入力機器には対応していません
・メディアインポート時の拡張子によっては、正常に出力できない場合がございます
※ご使用時にインターネットが必要です。

コピーライト表記について
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
(C)2020 proDAD GmbH

お客様お問い合わせ先
■ソースネクスト・カスタマーセンター
■ご購入前相談ダイヤル : 0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング