1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

海ごみゼロウィークinしまね 海洋ごみテーマのLINE謎解き「吉田くんからの挑戦状」を楽しむ「ネゴシックスとゆーきのちょっと季節外れの海の家」

PR TIMES / 2021年9月28日 14時45分

9月18日(土)13時~16時にライブ配信しました

CHANGE FOR THE BLUE しまね実行委員会は、「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」が全国で取り組む「秋の海ごみゼロウィーク」の一環として、その初日の9月18日(土)に、海洋ごみ問題をテーマにしたLINE謎解き「吉田くんからの挑戦状」をスタートしました。これに合わせ、海ごみゼロウィークとこの謎解きについてYouTubeで発信する「ネゴシックスとゆーきのちょっと季節外れの海の家」と題した生配信を実施しました。
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-b0b1205bbbf45d3bcd93-3.jpg ]


イベント概要
タイトル YouTube生配信「ネゴシックスとゆーきのちょっと季節外れの海の家」
配信日時 2021年9月18日(土)13時~16時

フロッグマンなど豪華ゲスト続々登場!
島根県出身の芸人ネゴシックスと、ご当地タレントゆーきがMCを務め、CHANGE FOR THE BLUE しまね「海ごみゼロ」ミッションのメインキャラクターを務める「秘密結社 鷹の爪」吉田くんも登場。さらに、吉田くんの生みの親、フロッグマンもオンラインで出演し、島根の海にまつわる話や、海の環境に対する思いで、トークが盛り上がりました。
さらに、地元で活動するアイドルグループや、海と日本プロジェクト「熱源プロジェクト」の公式テーマソングを歌うシンガーソングライター門脇大樹も登場して、それぞれの海洋ごみへの考えや、海の思い出などを披露。また、コロナ禍での海ごみゼロウィークの取り組みとして、家族やグループでのごみ拾いを推進している、出雲市の海岸からの中継を交え、大勢が集合しなくても出来るごみ拾いのスタイルを提案しました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-a7cf26837dea941325b2-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-2dabfbb61196e829fda6-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-70e131dda5b24e93de5d-2.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-37936218a1dd34497ad1-0.jpg ]


海洋ごみテーマの謎解き!プレーヤーとの交流も
実際に謎解きを進めながら、謎解き参加者の「海ごみゼロ宣言」と題したコメントを紹介したり、リアルタイムで海の写真を募集するなど視聴者とのコミュニケーションを図り、配信の最後には、送られてきた海の写真約300枚を使って、モザイクアートを完成させました。モザイクアートによって映し出されたウミガメのリブは、海洋ごみによるケガにより、片足が壊死した状態で島根県隠岐の島町に漂着したウミガメで、地元では海洋ごみ問題の象徴ともなっている存在です。
この配信や謎解きにより、多くの方が海ごみゼロウィークに参加することや、 海洋ごみ問題について考える機会となることを目指しました。CHANGE FOR THE BLUE しまね実行委員会は、今後も多方面のアプローチにより、海洋ごみ問題解決を目指します。
[画像6: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-737b6c2e02dd9e8147f3-5.jpg ]


団体・企業概要
団体名称 :CHANGE FOR THE BLUE しまね実行委員会
本社所在地 :島根県松江市向島町140-1(TSKさんいん中央テレビ内)
電話番号:070-4408-2601
設立:2019年4月
活動内容 :海と日本プロジェクトの活動の一環として、海洋ごみ対策に特化した島根県でのごみ拾い活動や、活動の推進を行っています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-a87316cc5cc98c0b65d7-6.png ]

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/
[画像8: https://prtimes.jp/i/77920/286/resize/d77920-286-6f056450bbb699e06cea-7.png ]

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング