1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

インテリジェントソリューションTOMONI(TM)をJAC形採用GTCC発電設備に導入

PR TIMES / 2021年9月30日 13時36分

東北電力と上越火力発電所(新潟県)1号機を対象に契約締結

◆ 最新鋭のデータ分析アプリを活用して、リアルタイムの状態監視体制を構築
◆ O&Mの高度化・効率化などを通じ、設備価値向上および脱炭素を含む環境負荷低減に貢献



三菱パワーは、東北電力株式会社が新潟県上越市で2022年12月に営業運転の開始を予定している上越火力発電所の1号機に、当社のインテリジェントソリューションサービス「TOMONI™」を導入する契約を、東北電力と締結しました。TOMONIの導入により、当社が納入する世界最高水準の大型高効率ガスタービンJAC(J-series Air-Cooled)形を中核とする57万2,000kW級の天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)火力発電設備について、最新鋭のデータ分析アプリケーションソフトウェアを活用したリアルタイムの状態監視体制を構築。これにより、運用および保守(O&M)の高度化・効率化、性能の最適化をはかり、脱炭素を含む環境負荷低減への貢献を目指します。

JAC形ガスタービンに採用されている最新の強制空冷燃焼器システムは、蒸気冷却方式に比べて起動時間を短縮できるとともに、タービン入口温度1,650℃という高温対応を可能とすることで発電効率が向上するなどの強みを持っています。上越火力発電所の1号機は2019年に建設を開始。すでにJAC形ガスタービンの据え付けも終わり、2022年3月予定の試運転開始を目指して、建設工事の6割を超えて進捗しています。

一方、今回導入契約を結んだ最新のインテリジェントソリューションTOMONIは、各種サービスがお客様のパソコンからアクセス可能なクラウド・コンピューティングで利用できます。上越火力発電所の1号機には、O&M支援につながる多くの最新鋭のデータ分析アプリが導入されており、プラント効率、設備点検を最適化することで、CO2排出の削減、発電原価の低減、メンテナンス費用の最適化に貢献します。
これらの最新鋭アプリのいくつかは、当社の高砂工場(兵庫県高砂市)内のTOMONI HUB(注)から遠隔操作する実証設備複合サイクル発電所(第二T地点)で、グリッド接続された実運用環境で長期的な信頼性検証が行われ、JAC形GTCCに対して初めて導入したものです。

三菱パワーは、長年にわたる発電プラントのO&Mとノウハウを基に開発されたインテリジェントソリューション TOMONIを活用し、発電プラントの脱炭素化、発電原価低減、メンテナンス費用の最適化を実現します。TOMONIは、高精度なデータ分析活用とお客様との協働により、グリッド、エネルギー貯蔵システム、再生可能エネルギー供給源などとシームレスに相互作用する、未来のスマートな自動自律発電所実現への道を開拓します。併せて、発電所の経済性や環境対応性能を高めてお客様の事業基盤強化にも貢献していきます。

(注)TOMONI HUBについてのプレスリリースはこちらをご参照ください。
https://power.mhi.com/jp/news/20210803.html

[画像1: https://prtimes.jp/i/25611/287/resize/d25611-287-bf9ceab645d1da224a48-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/25611/287/resize/d25611-287-d66b48521fcbf56e962f-1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング