MonotaRO、冬季季節対策商品の売れ行き状況を発表

PR TIMES / 2013年4月4日 12時3分

~記録的積雪や寒波の影響で、地域別最大で購入ユーザー数は約3倍、売上金額は約5倍に※2~

 工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉、URL:http://www.monotaro.com/)は2012年12月末から2013年3月末の冬季季節商品の売れ行き状況を発表いたします。



 今冬は、北海道、東北、関東地方を中心とした各地での記録的な積雪や観測史上最低気温の更新など、厳しい寒さが日本列島を覆い、工場などの現場のみならず、一般家庭にも大きく影響を与えるものとなりました。そのような背景の中、当社の冬季季節対策商品の売れ行きは好調に推移しており、最も寒さが厳しい期間である2012年12月21日から2013年3月19日の冬季季節商品特集ページに掲載されている商品約3,500アイテムについて、前年同期間比の地域別最大で、東北地方では購入ユーザー数は、約3倍、売上金額は約5倍※2となりました。

 冬季季節対策商品のエリア別購入ユーザー数をみると、北海道・東北・関東・信越・中国・四国・エリアでは約2倍~3倍に増加(北海道地方:前年比248%、東北地方:前年比286%、関東地方:前年比192%、信越地方:前年比 241%、中国地方:前年比210%、四国地方:前年比235%)※2しており、全国的な寒波の影響による冬季季節対策商品への需要の高まりを反映する結果となっております。

 また、具体的な商品をみてみると、冬季季節対策商品を集めた「冬のお役立ちアイテム特集」、「冬のあたたか商品大特価」の特集ページ掲載の商品では、防寒対策用の安全靴や安全スニーカーが全体で前年同期間比約35倍という驚異的な購入ユーザー数を記録した他、同じく防寒対策用の手袋が約2倍、業務用ストーブやスポットヒーターなど現場での寒さ対策商品も約2.5倍の購入ユーザー数を記録いたしました。
 自動車関連向け「冬のお役立ちアイテム満載!」の特集ページ掲載の商品では、自動車の冷却液の凍結を防止するクーラントや、雪によるシャーシーの塩害を防ぐシャーシー塗装剤、雪道の走行には欠かせないタイヤチェーンなどが北日本や東日本を中心に前年同期間比約1.5倍の購入ユーザー数を記録いたしました。

 また、当社のプライベートブランド(PB)商品の販売状況をみても、雪かきに使用するパイプ型ショベルが前年同期間比で約1.3倍のユーザーに購入いただくなど、厳しい寒さの中で快適に作業をするための商品がこれまで以上に注目された結果となりました。
 MonotaROでは、今後もお客様のご要望に耳を傾け、お客様のニーズに早急にお応えするとともに、より質の高い商品を安価かつ安定して提供して参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング