「仲人型」クラウドソーシングサービス「Job-Hub」 中小企業向けテレワーク導入支援サービスを開始

PR TIMES / 2014年5月22日 15時58分

株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)が運営するクラウドソーシングサービス「Job-Hub」(ジョブハブ、jobhub.jp)は、このたび、主に中小企業向けに、テレワークの導入支援サービスの提供を開始します。サービスの開始にあたり、テレワークの導入コンサルティングなどに実績を持つ株式会社テレワークマネジメント(住所:東京都千代田区、代表取締役 田澤由利、http://www.telework-management.co.jp/)と協業いたします。また来る6月9日(月)に、共同セミナー「事業力向上の鍵となる!テレワーク推進の手法と要点」を開催します。



テレワークは、ロケーションフリーや短時間労働による制限がありフルタイムワークが難しい潜在労働力の活用や、正社員層のワークスタイルの柔軟化・多様化を実現し、ひいては雇用機会の拡大を実現するものとして注目されています。しかし、テレワークを制度として導入したり、外部のテレワーカーを有力な人材リソースとして活用しているのは大企業が中心であり、中小企業では必要性を感じつつも導入に踏み切れずにいるのが現状です。

今回開始する「テレワーク導入支援サービス」では、中小企業のビジネスを推進するために有効なICTを使った新たな人材リソース活用を提案します。企業ごとに持つ課題に応じて、最適な形でテレワークを導入するためのコンサルティングやシステムなどのツールの整備、導入後のスムーズな運用についても支援してまいります。

■「事業力向上の鍵となる!テレワーク推進の手法と要点」
~"社内人材の高戦力化"と"社外人材のポイント活用"~
開 催 日: 2014年6月9日(月)14:00-16:00(13:30開場)
場  所: パソナグループ本部 8階セミナーホール
      東京都千代田区大手町2-6-4
      http://www.pasonagroup.co.jp/company/map_g.html
内  容: やりたいことはある!でも人材が足りない…
      そんな時、ICTを使った画期的な人材活用手法があります!
      自社人材の活用を高める雇用型テレワークと社外人材の活用を広げる
      自営型テレワークを組合せた新たな人材活用手法をご紹介します。

     1)自社雇用者を高戦力にするテレワーク推進ポイント
       株式会社テレワークマネジメント 代表取締役社長 田澤由利
     2)社外人材を活用するクラウドソーシングのポイント
       株式会社パソナテック 新規事業開発室マネージャー 湯田健一郎
     3)ウィーメンワークスタイルの推進支援
       株式会社パソナ ウィーメンワークスタイルプロジェクト
対  象: 事業力を高めたい企業の経営者、管理職の方
お申込み: 下記セミナー申込みページよりご登録ください
      http://biz.pasonatech.co.jp/seminar/upcoming/20140609_telework.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング