【共同プレスリリース】ユニセフ・WHO ポリオに関する報告書を発表

PR TIMES / 2014年7月22日 19時17分

シリア危機で14年ぶりに現れた脅威 中東で歴史上最大規模の予防接種キャンペーン



※本信は ユニセフ本部の情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、編集したものです
※原文及び報告書をご入用の方は、広報室までお問合せください。


【2014年7月22日 アンマン/カイロ/ジュネーブ発】

本日7月22日、ユニセフと世界保健機関(WHO)は、報告書『ポリオ:中東地域での発生
~シリア危機によってふたたび現れた脅威(Polio: Outbreak in the Middle East-
War in Syria Opens the Door to an Old Enemy)』のなかで、中東地域の歴史上最大
規模で実施されたポリオ予防接種キャンペーンの第1段階が完了したことを発表しました。
中東7カ国で37回にわたって実施されたキャンペーンにより、5歳未満の子どもたち
2,500万人が予防接種を受けることができました。


「非常に困難な状況であったにもかかわらず、キャンペーンの第一段階は、広く、
迅速に実施することができました。この達成に大きく貢献したのは、何千もの影の
ヒーローたち、子どもたちにポリオの予防接種を届けるため、非常に危険な状況下でも、
周辺国地域やシリア国内を休むことなく周った、献身的な保健員やボランティアの
人たちです」と、ユニセフ中東・北アフリカ地域事務所のマリア・カリヴィス代表は
述べます。


この報告書が発表された背景には、ポリオが14年ぶりにシリアで確認された経緯が
あります。その要因には、武力衝突による予防接種事業の中断、保健インフラの壊滅的
な崩壊、シリア国内外を行き来する人々の絶え間ない移動、混乱により子どもたちを
見失ってしまう状況、があります。


報告書によると、シリア危機が発生する以前は99%だったポリオの予防接種率は、危機後
には52%へと激しく低下しました。シリア国内の病院の少なくとも60%が破壊、あるいは
損壊しています。現在でも運行できる救急車両は3分の1以下まで減っています。ワクチン
の供給、予防接種実施に必要な車両、コールドチェーン(ワクチンの温度を適切に保った
まま輸送・管理する物流システム)の維持に必要な器具などが破壊され、もはや使えない
状態になっていたり、失われたりしています。

「すでに人道危機下にあったシリアで、ポリオの発生が確認されました。この地域で長く
忘れられていたポリオという脅威に対し、私たちは、かなり制限された資源で活動
しなくてはなりません。ポリオは国境やチェックポイントというものには制限されず、
急速に広がり、危機下にあるシリアだけなく、その地域一帯で生活する子どもたちに感染
します」とWHOのポリオ撲滅・緊急支援部長のクリス・マヘール氏が述べます。

6,500万人を超えるシリアの子どもたちが今、命を守る人道支援を必要としています。
シリア国内では、76万5,000人の5歳未満の子どもたちが、支援が届きにくい地域で
暮らしています。武力衝突や何らかの制限によって、ワクチンなどの基本的な物資を
含めた人道支援が、極めて届きにくい地域です。


報告書には、シリアやイラクからポリオを撲滅するのは不可能ではない、と述べられて
います。撲滅のためには、次の行動が必要不可欠です。


・シリアやイラクで繰り広げられている暴力を直ちに停止すること
・シリア国内の支援が届きにくい地域で生活する5歳未満の子どもたちのために、
迅速で妨げられないアクセスを確保すること
・保健員の安全を確保し、医療用車両やコールドチェーンの実施に必要な機器を
攻撃対象とさせないこと
・ポリオに関する知識や、この地域の5歳未満の子どもたちへの複数回の予防接種の
必要性を広め、啓発すること
・2014年末まで複数回にわたって行われる予防接種事業の資金を確保すること


「私たちの活動は、終息とは程遠いところにあります。これからの数カ月間、
わたしたちはもっと多くの子どもたち、特に暴力が繰り広げられているシリアや
イラクにいる子どもたちに、支援を届けなくてはなりません」と、カリヴィス代表は
訴えます。


■参考情報
36のポリオの感染例がシリア国内で確認されている。うち25例はデリゾール、5例が
アレッポ、3例がイドリブ、 2例がアル・ハサカ、1例がハマ。1999年以来、14年ぶりに
報告された。この地域の国々に感染が広がるリスクは、依然として高いと考えられている。
今後も、この地域で繰り返し予防接種キャンペーンが実施される予定。シリアでは、
全国レベルの大規模なポリオ予防接種キャンペーンが今年10月と11月に、地方レベル
での大規模なキャンペーンが8月に実施される予定。

2014年3月30日、首都バグダッドのルサファ地域で暮らす子どものポリオ感染が発見
されたことで、イラクの保健省がポリオの発生を宣言。翌月7日に同じくバグダッドで、
ポリオによる麻痺症状を発症した子どもが、ポリオ感染2例目となった。

パキスタン由来のものと遺伝的に関連したポリオウイルスが、2012年12月にエジプトで、
2013年にはイスラエルやウエストバンク、ガザ地区の汚水より検知された。同ポリオ
ウイルスが検知されたなかで一番新しい汚水サンプルは、2014年3月30日にイスラエルで
採取されたもの。


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Juliette Touma, UNICEF Regional Office for the Middle East and North Africa
in Amman, jtouma@unicef.org, +962-79-867-4628
Bahaa Elkoussy, WHO Eastern Mediterranean Regional Office in Cairo,
elkoussyb@who.int, +20-100-601-93-16


■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング