文系・理系学生の就職活動に関する調査

PR TIMES / 2019年11月5日 12時45分

レバレジーズ株式会社が運営する新卒向け就職エージェント「Career Ticket ( https://careerticket.jp/partner/concept/)」は、キャリアチケットに登録している就活生を対象に「文系・理系学生の就職活動に関するアンケート調査」を実施いたしました。




<調査概要>
調査対象:就職活動中・就職活動の経験がある2020卒・2021卒の大学生
調査時期:2019年6月24日~7月2日
調査方法:インターネット調査
回答者数:326人(男性144人、女性182人)
調査機関:レバレジーズ株式会社 キャリアチケットリサーチ

調査結果の全文は以下より、ご覧いただけます。
https://careerticket.jp/files/news/careerticket_report1.pdf

 文系の男子学生の興味のある職種は「その他」を除き、営業職が最も高く、女子学生に関しては「事務職」が9.4%と最も高い。

[画像1: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-857247-1.png ]


 文系学生の理系職で興味のある職種は「興味のある職種はない/その他」を除き、「システムエンジニア」が全体で23.4%と高い。

[画像2: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-725864-2.png ]


 もっとも興味のある理系職では「興味のある職種はない/その他」と回答する学生は多いが「システムエンジニア」が最も高い。興味のある理由として「専門知識やスキルを身につけたいから」が33.3%、次いで「将来性を感じる仕事だから」と回答した学生は30.4%。

[画像3: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-470235-3.png ]


 文系学生が理系職に興味をもったきっかけは「ネット記事」が26.1%と高く、「家族や知人から」が24.6%続く。

[画像4: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-461440-4.png ]


 理系学生の文系職で興味のある職種では、女子学生の「商品企画」が10.6%と最も高く、次いで「事務職」が9.2%。また、「興味のある職種はない/その他」と回答した女性は3.5%と比較的少ないが、男子学生は11.3%と女性を大きく上回る。

[画像5: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-920781-5.png ]


 文系職で最も興味のある職種でも 女子学生は「商品企画」がもっとも高く15.5%。男子学生は「興味のある職種はない/その他」が最多で19.7%。文系職に興味のある理由として「仕事内容に興味があるから」が、全体で69.4%と最も高い。

[画像6: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-956633-6.png ]


 文系職に興味をもったきっかけは、女子学生は「家族や知人からの影響」が18.4%と最も高い。男子学生は「ネット記事」が高く、14.3%。

[画像7: https://prtimes.jp/i/10591/291/resize/d10591-291-797891-7.png ]



「Career ticket」について
 2017年より開始した新卒向けキャリア支援サービス。サービス開始から二年間で就活中の学生5人に1人が登録する急拡大中のサービスです。フリーター・既卒の就活サポートのノウハウを活かし、学生にあった企業紹介からカウンセリングでの就活相談、ES添削、面接対策などのサポートを個別で徹底的にサポートします。就活対策セミナーや企業を集めた集団面接会も随時開催予定。これからの新卒就活へ新しい形を提案します。

▽「ハタラクティブ」フリーター・既卒・第二新卒などの就職支援サービス
https://hataractive.jp/
▽「FASSIONE」アパレルの転職支援サービス
https://fassione.com/

<会社概要>
社名  :レバレジーズ株式会社
本社  : 〒150-6124
     東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア24F/25F
代表者 :岩槻 知秀
設立  :2005年4月6日
連絡先 :03-4455-9001 /momoko.kinumoto@leverages.jp
広報  :絹本 桃子

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング