『台頭する新世代のスマートグリッドと新国際標準2014』を1月22日に発行

PR TIMES / 2014年1月22日 15時8分

NIST3.0/SGIP2.0/OpenADR/DLMS・COSEM/IEEE SGVP/ITU-T G.nbplc/M2M・IoTなど 注目の各種標準化動向を網羅的に解説!

インプレスグループでエンタープライズIT関連メディア事業を手がける株式会社インプレスビジネスメディア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村照明)は、本格的なビジネスフェーズを迎えたスマートグリッド周辺の最新の標準化動向を整理してまとめた『台頭する新世代のスマートグリッドと新国際標準2014』を、1月22日(水)に発売しました。

高まる低炭素社会の実現や地球の温暖化防止に向けた国際世論を背景に、「電力システム」と「ICT」(情報通信技術)を連係させ、電力を効率的に活用して節電・省エネを実現するスマートグリッドは、国際的な広がりをもって急速に普及し始め、いよいよ本格的なビジネスフェーズを迎えています。

このようなスマートグリッドの実現に向けて、世界の各国で国家的なプロジェクトの推進や多額な国家予算が組まれています。ここでの最も重要な技術的なテーマは、スマートグリッドを構成する機器やシステム間での相互運用性であり、これらの実現ために、国際的な標準化機関等でさまざまな取り組みが行われています。

最近の主な動向を見てみると、次のようなものが挙げられます。
(1)「NISTのリリース3.0ドラフト版」(スマートグリッドの相互接続性標準に関するフレームワークとロードマップ ドラフトリリース3.0)が発表されたこと
(2)SGIP(スマートグリッド相互接続性パネル)がSGIP 2.0へ移行し強化されたこと(PAPのさらなる進展)
(3)スマートグリッドに必要な標準規格一覧(CoS:Catalog of Standards)の充実
(4)デマンドレスポンス(電力の需要応答)向けのOpenADRプロトコルの登場
(5)東京電力が国際標準IEC 62056「DLMS/COSEM」の通信プロファイルを採用
(6)IEEE-SA(IEEE規格協会)におけるスマートグリッドビジョンプロジェクト(IEEE SGVP:IEEE Smart Grid Vision Project)が設立され、スマートグリッドの将来像の策定を目指して活発な活動を展開
(7)ITU-TでPLC標準に関する高速版規格「G.hn」/低速版規格「G.nbplc」を大幅に改訂
(8)IETFでIoT/M2Mへの流れを加速するIETF標準(6LoWPAN規格等)が次々に完成

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング