【新作舞台】ロックミュージカル『MARS RED』の上演が決定!

PR TIMES / 2021年2月10日 18時15分

『MARS RED』ミュージカルプロジェクト始動

TVアニメ「MARS RED」発の新作舞台、ロックミュージカル『MARS RED』の上演が決定!2021年2月10日(水)に公式サイト及び公式Twitterが解禁されました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/6779/296/resize/d6779-296-819179-0.jpg ]



ロックミュージカル『MARS RED』について

2021年4月放送予定のTVアニメ「MARS RED」発の新作舞台として、ロックミュージカル『MARS RED』の上演が決定いたしました。
本舞台はTVアニメのストーリーをモチーフに、吸血鬼になってしまった男たちが、葛藤しながらも、自分たちの生き様を歌い上げるロックミュージカルです。
主演の栗栖秀太郎役にはミュージカル『ジャージー・ボーイズ』やミュージカル『刀剣乱舞』などの人気作に出演する太田基裕を迎え、脚本・演出には舞台『憂国のモリアーティ』やミュージカル『さよならソルシエ』など多くの舞台・ミュージカル作品を手掛ける西田大輔氏が務めます。
強力タッグが送る新作舞台、ロックミュージカル『MARS RED』にご期待ください!



スタッフ

原作:藤沢文翁(「MARS RED」/SIGNAL.MD)
脚本・演出:西田大輔
音楽:YOSHIZUMI
振付:良知真次


キャスト

主演:太田基裕(栗栖秀太郎役)

[画像2: https://prtimes.jp/i/6779/296/resize/d6779-296-653775-1.jpg ]




西田大輔(脚本・演出)について

1996年、日本大学芸術学部在学中にAND ENDLESSを結成。同劇団主宰。
ゲーム原作舞台の先駆けとなった舞台「戦国BASARA」(2009年~2014年)で、その壮大なスケールの演出により一躍脚光を浴びる。2015年に新たな演劇表現の場として「DisGOONie」を設立。
現在は外部公演も多く担当し舞台・ミュージカル作品だけにとどまらず、アニメ・ドラマの脚本、映画や連続ドラマの監督など演劇界に限らない活躍をみせ、高いエンターテインメント性と哲学性を兼ね備えた濃密な作品群を圧倒的なペースで発表し続けている。

【代表作】
・舞台「血界戦線」(2019年~現在)
・ミュージカル『薄桜鬼 志譚』・『薄桜鬼 真改』(2018年~現在)
・舞台「どろろ」(2019年)
・舞台 「野球」 飛行機雲のホームラン(2018年)
・舞台『ジョーカー・ゲーム』(2017年)
・舞台『煉獄に笑う』(2017年)
・ミュージカル『さよならソルシエ』(2016年・2017年)
・舞台「戦国BASARA」(2009年~2014年)
・『AND ENDLESS』全作品の脚本•構成•演出(1996年~現在)


公演概要

・公演期間:2021年6月24日(木)~7月1日(木)
・劇場:天王洲 銀河劇場(東京都品川区東品川2丁目3−16 シーフォートスクエア内 2階)


ミュージカル公式サイト&公式Twitterを公開

ロックミュージカル『MARS RED』の公式サイトと公式Twitterを公開しました。
・【公式サイト】 https://worldcode.co.jp/marsred_musical
・【公式Twitter】 https://twitter.com/marsred_musical

キャスト情報やチケット情報など、随時更新していきますのでご期待ください!


「MARS REDプロジェクト」とは


[画像3: https://prtimes.jp/i/6779/296/resize/d6779-296-134585-2.jpg ]

2013年、2015年…原作・藤沢文翁による公演が行われた、音楽朗読劇「MARS RED」。
この音楽朗読劇から端を発し、令和元年から様々なメディアで展開していくプロジェクト。
2019年11月から、漫画家・唐々煙によりコミック連載、2021年4月からはTVアニメ放送が発表されています。
・【MARS REDプロジェクト公式サイト】 https://marsred-pj.net/
・【MARS RED TVアニメ公式サイト】 https://marsred.tv/

----------------------------------------------------------------
ご紹介いただく際は、権利表記として下記表示をお願いします。
(C)藤沢文翁/SIGNAL.MD/MARS RED製作委員会
(C)ロックミュージカルMARS RED製作委員会

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング