思わず「それいいね!」。CORKCICLE(コークシクル)のドリンキングスタイルへのこだわりが生み出す、ニューアイテム。

PR TIMES / 2018年3月15日 14時1分

アメリカ フロリダ発の人気ブランド「コークシクル」は、小さな進化にもこだわります。その小さな進化をニューアイテムとして販売開始しました。株式会社スパイス(本社:名古屋市)より販売。



[画像1: https://prtimes.jp/i/8578/296/resize/d8578-296-601456-0.jpg ]

優れた保冷保温性能、スタイル、カラーバリエーションで高い人気を誇るコークシクルは、ボトルの「キャンティーン」、コップ型の「タンブラー」などのシリーズにニューカラーやニュースタイルを追加し魅力的に進化を続けています。そんなコークシクルがこんなものがあったら、よりドリンキングスタイルを楽しいものにできるのではないかと今回ニューラインアップしたのが「INVISIBALL(インビジボール)」と「BRUSH(ブラシ)」、「ARCTICAN(アークティカン)」のニューカラーです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/8578/296/resize/d8578-296-234329-1.jpg ]

【 INVISIBALL 】
~美しい球体の透明氷を自宅で楽しむ~ 「それいいね!」
不純物がほとんどない透明な球体の氷が作れる「INVISIBALL(インビジボール)」。バーで飲むお酒が美味しいのは氷が特別だから。自宅で透明な氷を作ろうと思うと、水道水を沸騰させてみたりとか、氷を作る用の水を用意してみたりなど、面倒でなかなか難しいです。
でもINVISIBALLを使えば、まるでバーで使うようなクオリティの高い氷を、自宅の水道水から簡単に作ることができます。ゆっくりと時間をかけて凍らせるので、気泡や不純物のない透明な丸氷が出来上がります。氷には「CORKCICLE」のロゴがエンボスで浮かび上がり、特別感を味わうことができます。また、透明な氷は不純物をほとんど含まないので溶けにくく、お酒の味を引き立ててくれます。パッケージもスタイリッシュで、男性への特別なギフトにもおすすめ。

[画像3: https://prtimes.jp/i/8578/296/resize/d8578-296-515841-2.jpg ]

作った氷で楽しむだけでなく、おすすめな使い方があります。
タンブラーの中で氷を作りますが、氷を取り出したあとはタンブラーの下半分が凍った状態になっています。そこに飲み物を注げば、タンブラーの保冷性能と相乗して長い時間、冷たい飲み物で喉を潤すこともできちゃいます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/8578/296/resize/d8578-296-438235-5.jpg ]

【 ARCTICAN 】の新色 「それいいね!」
缶やビンを長い時間冷たくキープしてくれるホルダー「アークティカン」に、アウトドアがより似合うニューカラー「オリーブ」が新登場。
『3×colder,3×longer,than a KOOZIE.』クージーを使用するより、3倍長く保冷効果を持続します。
[画像5: https://prtimes.jp/i/8578/296/resize/d8578-296-417386-3.jpg ]

【 おそうじBRUSH 】
~マイボトルやタンブラーを清潔に保つ専用ブラシ~ 「それいいね!」
コークシクルのボトルやタンブラー専用のナイロン製ブラシです。従来のブラシでは届きにくかったボトルの内部を隅々まで綺麗にすることができます。コークシクルを気持ちよく使って頂きたいという思いからできた専用ブラシです。コークシクルだから、ブラシといえどもブラック&ホワイトのモノトーンカラーでスタイリッシュ。「CORKCICLE」ロゴ入りのメタル製のハンドル(柄)は吊り下げて収納もしやすいデザインです。コークシクル製品すべてのサイズに対応しています。

[画像6: https://prtimes.jp/i/8578/296/resize/d8578-296-400468-6.jpg ]

これからコークシクルがますます手放せなくなる、暑い季節が始まります。衛生的に、スマートに喉を潤しましょう!

■商品詳細はこちらから
http://www.corkcicle-japan.com/

■ 一般のお客様購入サイトはこちらから
http://spicestore.jp/shopbrand/corkcicle/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社スパイス 担当:奥地
〒468-0001 愛知県名古屋市天白区植田山4-1101-1
TEL:052-861-8901
URL: http://spice.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング