男子プロゴルファー今平周吾選手と所属契約を締結

PR TIMES / 2016年9月26日 18時30分




[画像1: http://prtimes.jp/i/5429/297/resize/d5429-297-376631-0.jpg ]

 株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、2016 年9 月26 日に男子プロゴルファー今平周吾(いまひらしゅうご)選手と所属契約を締結しました。

 今平選手は、高校1年時に『日本ジュニア』で松山英樹選手との“最終組対決”を制して優勝した翌年、高校を中退して渡米。フロリダ州のIMGアカデミーで腕を磨き、帰国後2011 年に19 歳でプロ転向。14 年のチャレンジトーナメントでは、2 勝を挙げて賞金王に輝きました。初めてツアーにフル参戦した15 年は『セガサミーカップ』2 位になるなどし、賞金ランク24 位で見事シード獲得しました。初のシード選手として挑む16 年のシーズンもこれまで6 試合でトップ10 入りを果たしており、賞金ランクでも6 位(9/26 時点)と、今後益々の活躍が期待されている選手です。

■今平周吾選手のコメント:
 「この度所属契約させていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。レオパレス21 様の期待を背負うかたち
で、一緒に戦っていきたいと思います。まずはツアープロとして初優勝を目指します。また、シーズンオフ
のトレーニングでレオパレスリゾートを利用したいと考えています。」

 レオパレス21 は、グアム島で運営するレオパレスリゾートグアム内の36 ホールのゴルフコース「レオパレスリゾートカントリークラブ」、およびスポーツ施設「パンパシフィックスポーツセンター」とともに、ツアー中のご
宿泊先として当社の国内4 ヵ所のホテルと当社賃貸物件をご利用いただくことで、今平選手のプロゴルファーとしての活動を全面的にバックアップしていく予定です。

 また、今平周吾選手は2017 年1 月にミャンマーにて、日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共催で行われる「レオパレス21 ミャンマーオープン2017」ではホストプロとして参戦を予定しています。なお、今平周吾選手の所属は「レオパレスリゾートグアム」となります。

[画像2: http://prtimes.jp/i/5429/297/resize/d5429-297-348264-1.jpg ]

今平周吾(いまひらしゅうご) プロフィール
生年月日: 1992 年10 月2 日(23 歳)
ゴルフ歴: 9 歳~
プロ転向: 2011 年
身長: 165.0cm
体重: 60.0kg
出身地: 埼玉県
出身校: 東京国際大学
主な成績:
<アマチュア時代>
2006・2007 年関東ジュニアゴルフ選手権優勝
2008 年日本ジュニアゴルフ選手権優勝
2009 年全米ジュニアゴルフ選手権ベスト8
<プロ>
2014 年チャレンジ2 勝賞金王
2015 年長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップ2 位
2016 年~全英への道~ ミズノオープン2 位タイ
長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップ3 位タイ

レオパレスリゾートカントリークラブ(http://www.leopalaceresort.com/golf/
レオパレス21 ミャンマーオープン2017 (http://www.leopalace21.co.jp/myanmaropen/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング