飲んだワインの“記録・共有”が簡単にできる無料のカメラアプリ 『Vinica(ヴィニカ)』、登録会員数が1万人を突破!

PR TIMES / 2014年1月9日 11時26分

~ あなたはラベルを撮るだけ、ワイン名など銘柄情報はVinicaが入力します ~



===========================================
飲んだワインの“記録・共有”が簡単にできる無料のカメラアプリ
『Vinica(ヴィニカ)』、登録会員数が1万人を突破!
~ あなたはラベルを撮るだけ、ワイン名など銘柄情報はVinicaが入力します ~
===========================================

株式会社カカクコム(東京都渋谷区 代表取締役社長 田中 実、東証コード:2371、以下カカクコム)は、2013年2月から提供しているワインの“記録・共有”が簡単にできる無料のカメラアプリ『Vinica(読み:ヴィニカ)』が、サービス開始から1年弱で、登録会員数が1万人を突破したことをお知らせします。
『Vinica』:http://vinica.me/

※プレスリリースPDF、画像イメージ:http://prtimes.jp/a/?f=d1455-20140108-1406.pdf

『Vinica』は、ワインの写真を投稿するだけで詳細な銘柄情報が自動登録される無料のiPhone・Android向けカメラアプリです。
飲んだワインを手軽に記録して管理でき、友人・知人と共有ができる点、写真にコメントして他のユーザーと情報交換ができる点などが、ワインラヴァーの皆様から好評を得ています。

【『Vinica』について】
■飲んだワインを、自分だけの「My Cellar(マイ セラー)」で管理できます
「ラベル」「裏ラベル」「ボトル」「グラス」「料理」など最大6枚の写真を、評価やコメント、味わいと約75 種類の香り、価格帯など詳細に記録して、自分だけの「My Cellar」で管理ができます。
ワインの名称・地域・生産者・スタイル(赤・白・ロゼなど)・ブドウ品種などの銘柄情報はVinica側が入力するため、ユーザーは写真を撮影するだけで、どんなワインを飲んだのか、その詳細を後から手軽に確認できます。
ワイン写真は、評価や生産国、スタイルなどの項目で並び替えることも可能です。

■お気に入りのワインを友人・知人と共有できます
撮影したワインの写真は、Facebook・Twitterで簡単に共有できます。また、ワイン好きが集まる『Vinica』のタイムラインでも、他のユーザーの写真に“LIKE”ボタンを押したりコメントを投稿してコミュニケーションをとることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング