【報道参考資料】イラク情勢レポート 紛争地からの避難、大規模な移動続く 

PR TIMES / 2014年7月28日 12時4分

国民の二人にひとりが紛争地域に



※本信は ユニセフ・イラク事務所の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は下記でご覧いただけます
http://reliefweb.int/report/iraq/iraq-weekly-humanitarian-situation-report-3-13-19-july-2014


【2014年7月24日 バグダッド発】

■ 数字で見る概況

紛争地域の人口合計 1,700万人(イラク総人口 3,170万人の53.7%)
(アンバール州、ニナワ州、サラ-ハッディーン州、ディヤーラ州、キルクーク州、
バグダッド州、バービル州)

支援を必要とする人 150万人
避難生活を送る人 120万人

ユニセフ目標支援人数
保健・栄養 36万人、水と衛生 48万人、教育21万5,000人、子どもの保護 50万人
ユニセフ必要支援額 3,600万米ドル(約36億3,600万円 ※1米ドル=101円で換算)
※2014年6月20日時点での推計及び戦略対応計画(UNOCHA発表)に基づく


■活動のハイライト
・ユニセフは、即応メカニズムによって、東部のディヤーラ州カナキン(Khanaqin)
への人道支援ルートを確保し、3カ所の避難民1万6,000人以上に物資支援

・避難民が置かれている状況は極めて厳しく、カナキンに避難している4万人への支援
を拡大中

・ユニセフは、南部のナジャフ州と貯水タンクや支援物資の費用共同負担を開始、
ナジャフ州は、貯水タンクの費用を負担の上、設置、これにより避難民1万人への給水
が可能になるとみられる

・北部のニナワ州では、ユニセフは政府や海外からのパートナー団体と共に、ハマダニヤ
(Al-Hamadaniyah)とティルカイフ(Tilkaif)の避難民へトラックによる水の運搬を
実施、避難民2万人に向けて毎日39万リットル以上を運搬、(トラック運搬ではない)
持続的な給水方法を開発中

・下痢にかかる人が増えており、ユニセフは、ニナワ州、ディヤーラ州、ナジャフ州に、
経口補水塩(ORS)6万1,000袋を提供(1万166名の3日分の使用量に値する)

・子どもの保護作業グループは、子どもの保護のニーズ調査やトレーニングに使用する
ツールを最終化、調査は来週実施され、紛争下にある地域の子どもたちのニーズ把握
に活用される


■情勢
紛争下の地域の多くでは治安が安定せず、生活環境が厳しいことから、避難と大規模な
人の移動が継続中

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング