世界の自動車サイバーセキュリティ市場ーソリューション、製品タイプ、製品形態、脅威タイプ、アプリケーション、自動車コンポーネント、車両タイプ、および地域別:トレンド予測と成長機会「2020ー2030年」

PR TIMES / 2020年9月4日 8時45分

Kenneth Researchは、2020―2030年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成される世界の自動車サイバーセキュリティ市場に関するレポートを2020年9月03日に発刊しました。レポートは、ソリューション、製品タイプ、製品形態、脅威タイプ、アプリケーション、自動車コンポーネント、車両タイプ、および地域別によって分割されています。さらに、セグメントはさまざまなサブセグメントに区分され、市場でのパフォーマンスを示す情報で構成されています。市場は、世界中の自動車市場の拡大を背景に成長すると予想されています。国際自動車メーカー協会の統計によると、2010年と2019年の期間の車両の総売上高の増加は、1600万米ドルに達しました。都市化と可処分所得の増加は、予測期間中の市場の成長をサポートするいくつかの要因です。


[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-automotive-cybersecurity-market/10325659




[画像: https://prtimes.jp/i/59861/302/resize/d59861-302-676740-1.jpg ]


車両のさまざまな電気部品は内部ネットワークを介して接続されており、ハッカーが周辺の電子制御ユニットにアクセスした場合、エンジンやブレーキなどの安全上重要な部品を完全に制御する可能性があります。したがって、コネクテッドカーの人気が高まるにつれ、自動車メーカーはインターネットサービスプロバイダーやソフトウェア会社と協力して、ユーザーにサイバーセキュリティシステムを提供しています。自動車業界におけるサイバーセキュリティの必要性は着実に高まっており、これは輸送および自動車システムにおけるサイバー攻撃の脅威の増加に起因する可能性があります。グローバルな自動車サイバーセキュリティ市場は、自動車の接続性の増加と、コネクテッドカーエコシステムにおけるセキュリティの必要性の高まりによって推進されています。高度な機能の統合の増加と自動車におけるテレマティクスサービスの採用の増加も、グローバルな自動車サイバーセキュリティ市場の成長を大幅に後押ししています。

世界の自動車サイバーセキュリティ市場は、2030年までに109億2,000万米ドルに達し、スマートカー、自動運転車、接続型交通機関の間でのサイバーセキュリティのニーズの高まりにより、2020-2030年の予測期間中に17.3%の成長で成長すると予測されます。

グローバルな自動車サイバーセキュリティ市場は、セキュリティの種類、ソリューションの種類、アプリケーション分野、車両の種類、地域に基づいて分割できます。セキュリティの種類に基づいて、市場はネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、ワイヤレスセキュリティ、クラウドセキュリティに分割されています。ネットワークセキュリティ市場は、世界市場で最高のシェアを保持すると予測されます。ネットワーク通信は、コネクテッドカーで見られる悪意のある活動の主な理由の一つです。自動車のコンピューター環境でサイバー脅威を特定して防止するために使用されるネットワークセキュリティ製品とサービスは、車両の端末、許可されたサービス、プロトコル、および管理ポートへの制限されたデバイス管理アクセスを通じて保護されたネットワークを保証します。

ソリューションの種類によって、自動車のサイバーセキュリティ市場は、ソフトウェアベース、ハードウェアベース、統合、プロフェッショナルサービスに分離できます。市場は、応用分野に基づいてテレマティクス、インフォテインメント、OBD、安全性、通信、パワートレインなどに分類することもできます。オンボード診断またはOBDは、予測期間中に最も速い成長を目撃すると予想されます。

世界の自動車サイバーセキュリティ市場に関するレポートは、地理に基づいて、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、中東、アフリカの5つの主要地域にさらに分割されています。北米は、予測期間中に世界市場で最大のシェアを獲得する予定です。ICTと自動車セクターの融合により、この地域での自動車の需要の増加は、コネクテッドカーエコシステムの出現をもたらしました。したがって、北米でのコネクテッドカーの採用の増加により、サイバーセキュリティの必要性は着実に高まっています。

さらに、市場は地域別によってさらに細分化されています。


北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。


主要企業

世界の自動車サイバーセキュリティ市場における業界のリーダーはAirbiquity、Aptiv、Argus Cyber Security、Arilou Technologies、Audi、BMW、Bosch Cybersecurity、ESCRYPT GmbH、Ford 182、General Motors、Guardknox Cyber Technologies Ltd.、Harman International、Karamba Security、Nissan、Saferide Technologies Ltd、Toyota、Trillium Secure Inc.、Upstream Security、Vector Informatik GmbH、Volkswagenなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325659

レポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング