【プレスリリース】ユニセフ・イノチェンティ研究所発表 『気候変動と子どもの権利に関する報告書』

PR TIMES / 2014年7月30日 9時34分

子どもの権利に基づくアプローチが直ちに必要  今後10年間、気候変動災害で年間25万人が死亡と推計



※本信は ユニセフ・イノチェンティ研究所の情報を日本ユニセフ協会が独自に翻訳、
独自に編集したものです
※原文をご入用の際は 広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年7月30日 フィレンツェ(イタリア)発】

本日、ユニセフ・イノチェンティ研究所は報告書『気候変動の課題:最前線に立た
されている子どもたち(原題:The Challenges of Climate Change: Children on
the front line)』を発表します。本報告書は、気候変動の言論において子どもの
権利をどのように盛り込むか、幅広く深い理解を模索するものです。


温室効果ガスの増加による現象が、次々と明らかになっています。一方で、気候変動
に関するハイレベル交渉の中で、気候変動の影響を最も受けている人々の大多数を
占める子どもたちは、その存在が考慮されないままとなっています。こうした状況
を受け、気候変動に関するトップレベルの専門家や関係者が参加し、温暖化が子ども
たちにもたらした幅広いジレンマと課題の分析を行い、このたび全123ページに及ぶ
報告書としてまとめました。

ユニセフ事務局長のアンソニー・レークは、本報告書の前書きで、次のように述べて
います。「気候変動による影響がよりはっきりと極端なものになるにつれ、世界中の
子どもや青少年の生活に悪影響を与えています。気候変動に関係した死亡の99%以上
は開発途上国で起きており、こうした死亡の80%以上を子どもたちが占めているのです」


本報告書は、専門家や科学者、開発関係者、保健や栄養、子どもの権利の専門家ら
40人によるもので、子どもを脅かす世界的な脅威が加速していること、また子どもたち
を直接取り組みに巻き込むことを含めて、子どもの権利に基づく包括的なアプローチを
直ちに具現化することなどを、詳しく述べています。

ユニセフ・イノチェンティ研究所所長のマリー・クロード・マーティンは「今日の
子どもと若者は、気候変動による今後の影響に対処しなければならない世代です。
つまり、今後数十年内に温室効果ガス排出を大幅に削減することから逃れられない
世代です。しかし、ハイレベルの気候交渉では、この世代は、長い間その存在を無視
され、考慮されてきませんでした。本報告書は、こうした不均衡を是正することを
目指しています」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング