一橋桐子76歳。「刑務所に入りたい!」その理由とは? 今大注目の作家・原田ひ香 最新刊『一橋桐子(76)の犯罪日記』発売

PR TIMES / 2020年11月10日 15時15分

株式会社徳間書店は、2020年11月10日(火)に『一橋桐子(76)の犯罪日記』(原田ひ香 著) https://www.tokuma.jp/book/b532907.html を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16935/303/resize/d16935-303-905364-0.jpg ]




「万引」「偽札」「闇金」「詐欺」「誘拐」「殺人」どれが一番長く刑務所に入れるの? 桐子さん、今日も一生懸命犯罪計画を思案中!


<あらすじ>
老親の面倒を見てきてた桐子は、気づけば結婚もせず、76歳になっていた。両親をおくり、わずかな年金と清掃のパートで細々と暮らしているが、貯金はない。同居していた親友のトモは病気で先に逝ってしまった。唯一の家族であり親友だったのに……。このままだと孤独死して人に迷惑をかけてしまう。

絶望を抱えながら過ごしていたある日、テレビで驚きの映像が目に入る。収容された高齢受刑者が、刑務所で介護されている姿を。これだ! 光明を見出した桐子は、「長く刑務所に入っていられる犯罪」を模索し始める。

<目次>
第一章 万引
第二章 偽札
第三章 闇金
第四章 詐欺
第五章 誘拐
第六章 殺人



話題作連発! いま大注目 著者・原田ひ香さんよりコメント


[画像2: https://prtimes.jp/i/16935/303/resize/d16935-303-488900-2.jpg ]

テレビや雑誌で、凄惨な事件や驚愕の出来事などを見るのが苦手です。

しばらく、そのことばかり考えて何も手につかなくなったり、眠れなくなったりします。
そんな時は事件の当事者の、いったいどこに分岐点があったのか、どこでどうすれば事件に巻き込まれなかったのか答えが出るまで考えてしまいます。

残念ながら、答えが見つからないこともしばしばです。桐子さんは小さな幸せから放り出されました。彼女が事件に巻き込まれないように一緒に考えてはくださいませんでしょうか。共に、はらはらしてくださったら幸いです。

【原田ひ香 プロフィール】
1970年神奈川県生まれ。2006年「リトルプリンセス二号」で第34回NHK創作ラジオドラマ大賞受賞。2007年「はじまらないティータイム」で第31回すばる文学賞を受賞。『東京ロンダリング』『三人屋』『ラジオ・ガガガ』『ランチ酒』『三千円の使いかた』『DRY』『ランチ酒 おかわり日和』『まずはこれ食べて』『口福のレシピ』など著書多数。



担当からのコメント


私も桐子さんと同じ、「人に迷惑をかけないで生きていきたい」と思っていました。でもこの本を読んで、「迷惑をかけて生きていてもいいのかもしれない」と考えが変わりました。人に迷惑をかけてこそ、生きている証なのだと!人とのつながりが疎遠になっている今この時代だからこそ、読んでもらいたい作品です!



書店員さんからもコメント多数!


[画像3: https://prtimes.jp/i/16935/303/resize/d16935-303-750359-3.jpg ]




商品情報


[画像4: https://prtimes.jp/i/16935/303/resize/d16935-303-713473-1.jpg ]

【タイトル】 一橋桐子(76)の犯罪日記
【著者】 原田ひ香
【発売日】 2020年11月10日(火)
【判型】四六判ソフトカバー
【ページ数】 312ぺージ
【定価】 本体1,650円+税
【ISBN】 978-4-19-865188-6
https://www.tokuma.jp/book/b532907.html


本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先

【徳間書店 広報窓口】
株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
TEL:03-5403-4320(直通)
pr★c-pub.co.jp (★は@に変換してお送りください)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング