【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント『第20回 記念特別展 秘蔵の名品 アートコレクション展』

PR TIMES / 2014年5月1日 9時50分

日本の美を極める―近代絵画が彩る四季・花鳥・風情

企業文化交流委員会(委員長:株式会社ホテルオークラ東京 代表取締役社長 清原當博)は8月8日(金)から8月31日(日)までの24日間、ホテル独自のチャリティー絵画展「第20回 秘蔵の名品 アートコレクション展」を開催いたします。これは「芸術」「チャリティー」「ホテル」の3つを柱にしたメセナ活動の一環として、「ホテルの持つ社会性・公共性に着目し、社会に還元する文化活動」の構想のもと、1994年より独自の視点からテーマを掲げ開催してきたチャリティー絵画展です。
第20回の節目となる今年は、日本人の原点でもある「伝統的な日本独自の美」に着目いたします。



今年は、日本人の原点でもある「伝統的な日本独自の美」に着目

本展では、四季豊かな日本の、多彩な風景表現やその風景の中で生きる人々の描写に注目しながら、江戸期から近現代の絵画群を一堂に集め、私たち日本人がどのようなものを美しいと感じ、描いてきたのかを、作品を通じて再発見していただけるような展覧会を企図しております。

1930年、ローマで開催された「日本美術展覧会」にて絶賛された横山大観の《夜桜》をはじめ、愛する自然に敬虔な姿勢で向き合い続け、その心を絵に表現した東山魁夷の風景画、日本女性の清澄な美しさを描き続けた上村松園の美人画など、日本の美しさを筆で表現することを追求した人気作家群の秀作約80点がこの夏、ホテルオークラ東京に集います。
I. 四季
日本ならではの豊かな四季。日本人は常に自然の美に寄り添い、 表現をしてきました。移り変わる季節を巡ります。
II. 花鳥
花や鳥を描いた日本画の、細やかな部分。大胆さと細密さの中に、しなやかで美しい生命の輝きを見つけます。
III. 風情
四季を、日本人はどのように捉え、愉しんできたのか。 人々の風俗に溶け込んだ、季節感豊かな「装い」、「佇まい」をご紹介します。

<20回目を迎えるホテルオークラ東京独自の絵画展>
ホテルオークラ東京の創業者 大倉喜七郎は、横山大観などの日本画家たちを全面支援し、1930年にイタリア・ローマにて「日本美術展覧会」を開催するなど美術をはじめとする芸術への造詣が深く、「ホテルは人々が集い、文化・芸術が交流する場である」という強い理念を抱いていました。
その思いを継承し、ホテルオークラ東京では1994年より毎年独自のテーマのもと80~90点程の作品を全国各地の企業・個人所蔵家・美術館より収集し、秘蔵の名品と言われる数々の作品をご紹介する「秘蔵の名品 アートコレクション展」を開催してまいりました。
第1回よりチャリティーイベントとして開催し、第19回までに公開した絵画は1,500点、延べ約48万人のお客様にご来場いただき、総寄付金額は約1億6千8百万円に達しました。
同展における純益の全ては日本赤十字社等を通じて、社会貢献のために寄付いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング