【報道参考資料】ウクライナ東部 地雷・不発弾の恐怖が子どもたちに

PR TIMES / 2014年7月31日 16時5分

ロシアの児童養護施設に移送されそうだった子どもを保護



※本信は ユニセフ・ウクライナ事務所からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が
翻訳したものです
※原文は http://bit.ly/1tvRWHs でご覧いただけます


【2014年7月25日 キエフ発】

<ハイライト>
・7月20日に、ルハンスク州 Lysichanskで地雷が爆発、子ども2人が重傷、うち1人は
病院で死亡

・こうした状況を受け、ユニセフと教育科学省は合同で、新学年が始まる9月1日から学校
で地雷啓発教育キャンペーンを立ち上げる予定

・7月20日からの5日間で、ドネツク州とルハンスク州で、パートナー団体などを通じて
おとな向けの衛生キット251、赤ちゃん用の衛生キット248、幼児キット30を避難民に配布

・戦闘地では給水インフラが被害を受けており、ドネツク州のDimitrov、Krasnoarmiysk、
Dobrolillyarayonsでは飲料水供給に影響

・ルハンスク州、ドネツク州での公共施設やインフラへの被害の復旧には、43億8,000万
ウクライナ・フリヴニャ(UAH:日本円で約376億6,800万円)が必要との試算、被害を
受けた建物の28%が学校や幼稚園


<概況>
・電力やガスの供給再開も始まり、公共交通も一部で再開、市内の電車の運行も再開

・報告期間中に、給水は全復旧とならず、一部ではトラックで水を運搬

・電力は回復したが、水をかぶってしまった汲み上げ施設の修理が間に合わず、時間が
かかる見込み

・ドネツク州では、給水設備への被害により、水不足が深刻な状況、12万人に影響

・当局は水道以外からの飲料水の確保を推奨しており、井戸の場所やトラック運搬
などを案内

・ユニセフ・ドネツク現地事務所は、当局がドネツク州の2つの児童養護施設から91人の
子どもたちをウクライナ国内の別の地域の施設に移したこと報告

※補足:
7月11日発表資料では、分離主義者が児童養護施設の子どもたちをロシアに移送すると
脅迫してきたことを報告/ドネツク州では対テロ作戦(ATO)地域から、乳児院
にいた乳児33人をハルキフに移送/ドネツク州とルハンスク州では、児童養護施設に
800人以上の子どもたちが取り残されたまま/7月9日時点でのウクライナ政府発表では、
ATO地域から子ども1万3,517人を含む3万6,545人が移動、UNHCRは東部での戦闘開始から
約6万人が避難と推計との記載

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング