【イベント案内】フィリピン現地報告会 『復興への道のりを支えて-台風30号から9カ月』 8/22(金)10時30分~ 

PR TIMES / 2014年8月4日 13時41分

被災地タクロバンで活動した日本人職員の報告



公益財団法人 日本ユニセフ協会(会長:赤松良子)は、8月22日(金)、ユニセフハウス
(東京都港区)で、前ユニセフ・フィリピン事務所 井本 直歩子 教育専門官による現地
報告会を開催いたします。


2013年11月8日にフィリピン中央部を襲った史上最大規模といわれた台風30号。子ども
590万人を含む1,400万人が被災し、400万人が家を失うなど、甚大な被害をもたらしました。
あれから9カ月。日本のみなさまを含む国際社会からの支援を受け、被災地は復興への長い
道のりを歩んでいます。ユニセフは被災直後から、子どもたちに感染症予防のための
予防接種活動の実施、安全な飲料水の提供、心のケア、学校の再開などの支援事業を行って
きました。

被災から1カ月経った2013年12月から2014年7月まで、ユニセフ・教育専門官として、
最大の被災地であったレイテ島のタクロバン現地事務所で勤務されていた井本直歩子氏の
帰任にあたり、ユニセフ・フィリピン現地報告会を開催いたします。教育専門官である
井本氏は、教育部門全体の支援調整と情報取りまとめを担い、被災地の教育復興に従事
されてきました。


「子どものストレスを軽減するためにも、できるだけ早く学校を再開させ、トラウマ
(心的外傷)を取り除くための授業をしていく必要がありました」と、赴任直後に語った
井本氏。被災から2カ月ほどたった1月6日、新学期がスタートし、ほとんどの学校が一斉に
再開され、子どもたちの笑顔を見たときには、とてもうれしかったと言います。


報告会では、被災直後と現在のタクロバンの様子、子どもたちが直面している課題と
ユニセフの教育や心のケアの取り組み、また現地で行われている防災・減災教育についても
ご報告いただく予定です。


なお、被災直後から当協会はフィリピン台風緊急募金の受付を開始し、これまでに国内の
個人・企業・団体・学校のみなさまから、11億1,920万8,970円(2014年8月4日時点)を
お預かりいたしました。あたたかいご支援をお寄せいただいたみなさまに心よりお礼
申し上げると同時に、現地での活動をご報告させていただきたく存じます。

報道関係のみなさまにおかれましては、本報告会のご取材にくわえ、開催告知にもご協力を
いただけますよう、お願い申し上げます。


+ + +

● ユニセフ・フィリピン現地報告会 ●
『復興への道のりを支えて-台風30号から9カ月』

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング