女性の84%が「将来のための自己投資は必要」と回答。 ー 「[en]ウィメンズワーク」女性の職場環境調査「貯金と自己投資について」を発表 ー

PR TIMES / 2014年2月20日 11時30分

 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」(http://women.en-japan.com/)上で、サイト利用者女性869名を対象に「貯金と自己投資」をテーマにアンケートを行いました。以下、概要をご報告いたします。




■調査結果概要

 正社員転職を希望する女性869名に、「将来のために自己投資が必要か」たずねたところ、「非常に必要だと思う」が 34%、「必要だと思う」が50%で、計84%の方が必要と回答。“転職・キャリアアップの幅が広がる”、“流動的な世の中の状況に適応できるように”といった声が理由に挙げられています。1ヶ月の自己投資額は、「3000円未満」が29%、「3000円~5000円未満」が22%で、計51%と半数以上を占める結果となりました。
また、貯金の目的を質問したところ、20代では第1位が「何らかの緊急事態に備えて」、第2位「旅行・レジャー資金」、3位「結婚資金」と続くのに対し、30代・40代では第1位「老後に備えて」、第2位「何らかの緊急事態に備えて」、第3位「病気やケガなどに備えて」という結果に。年齢とともに“将来への備え”という意識が高まっていることがうかがえます。


■調査結果詳細

1.将来のための自己投資「必要」という方が84%。

 「将来のために自己投資が必要か」という問いでは、「非常に必要だと思う」が34%、「必要だと思う」が50%で、計84%の方が必要と回答しました。
 理由としては、“転職・キャリアアップの幅が広がる”、“流動的な世の中の状況に適応できるように”といった声が挙げられています。


2.1ヶ月の自己投資額、5000円未満の方が半数以上。

 将来のために行っている自己投資の第1位は「資格取得」で38%。理由としては、“技能を表す目安になる”、“優遇されることもあるかもしれない”などがありました。続く第2位は「勉強」で31%、第3位は「読書」で30%という結果になっています。
 1ヶ月の自己投資額は「3000円未満」が29%、「3000円~5000円未満」が22%で、計51%と半数以上の方は自己投資額が月5000円未満ということがわかりました。資格取得や勉強、読書といった、一人で完結しやすいことを自己投資に行う方が多いことから、比較的低い金額に抑えられていることがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング