2013年、ユーザーから支持された保険商品は? 『価格.com保険アワード2013』を発表

PR TIMES / 2014年4月3日 14時48分

1年間でもっとも申込み数が多かった保険商品を部門別に初公開! 生命保険は"コスパ"重視、医療/がん保険は多様なニーズに対応した商品が人気

株式会社カカクコム(東京都渋谷区 代表取締役社長 田中実 東証コード:2371)は、同社が運営する総合保険比較サイト『価格.com 保険( http://hoken.kakaku.com/insurance/ )』において、2014年4月3日(木)、2013年1年間を通じてユーザーからもっとも申込み数の多かった保険商品を販売チャネル別に選出する『価格.com保険アワード2013』を発表しました。
特設ページでは、生命保険、医療保険など全16部門における1位の商品を発表するとともに、各保険会社よりいただいたコメントと、当社保険担当者による寸評も掲載しています。
『価格.com 保険アワード2013』:http://hoken.kakaku.com/insurance/award/
※保険の資料請求、申込受付や無料相談サービスは、100%子会社のカカクコム・インシュアランスが提供しています。




総評(株式会社カカクコム・インシュアランス 専務執行役員 小田切 勇)
従来のランキングとは異なり、インターネット、通販、対面という3つのチャネルの特色が反映された結果と言えます。ネット申込ではシンプルな商品が好まれる傾向にあり、通販ではTVCMなどで露出が多く認知度の高い商品が好まれ、対面ではコンサルタントの説明を介することで、多様なニーズに応えられる商品が好まれる結果となったようです。
また、商品ジャンル別でみると、生命保険や個人年金保険などはコストパフォーマンスに優れた商品、医療保険やがん保険では医療技術の進歩とともに拡がる治療法などにも対応可能な、商品設計に柔軟性のあるものが人気となりました。

『価格.com保険アワード』について
『価格.com 保険』では、従来より、「保険料」や「保障内容」に加えて、保険購入検討者の動向や評判も、保険選びの重要な指標であると考え、資料請求数や商品ページへのアクセス数を元にしたランキングを公開しています。それに加えて、今回より新たに、実際の申込み数を元に年間ランキングを公開していくことで、消費者に最終的にもっとも多く選ばれた商品が部門別にひと目で分かるようになりました。

算出方法
2013年1月1日~2013年12月31日の期間に、『価格.com 保険』で掲載している54社134の保険商品*に対して、100%子会社の保険募集代理店カカクコム・インシュアランス経由でお申込みいただいた数を集計し、販売チャネル別にもっとも申込み数が多い保険商品を選出しています。
*対象保険:生命保険、医療保険、がん保険、学資保険、個人年金保険、火災保険、バイク保険、海外旅行保険

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング