ST、Wasion Groupの電力メータにNFCソリューションを提供

PR TIMES / 2012年6月18日 10時16分



業界最先端のセキュア・ペイメント技術を重慶で使用する計画
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、先進的
な電力メータおよびソリューションの主要サプライヤである中国のWasion Group
(以下Wasion)は、重慶市の送電網向けにNFC(Near-Field Communication)を
搭載した後払い型電力メータが供給可能になったことを発表しました。STの
NFCテクノロジーを採用したWasionの新しい電力メータは、データの安全性を
維持したまま携帯電話を通して電気料金を便利に支払うことができます。

STのNFCシステム・イン・パッケージ(SiP)ソリューションは、世界中のNFC
携帯電話に対応するため、13.56MHzで動作する国際規格に準拠したRFインタフェ
ースを使用しています。Wasionの後払い型NFC電力メータにより、消費者はNFC
携帯電話の非接触RFインタフェースを通してスマート・メータを読み取り、
暗号化されたデータを2G/3Gモバイル・ネットワークを介して金融機関に送信後、
電気料金の支払いを完了することができます。

このSiPには、NFC非接触インタフェース(ST21NFCA)とセキュア・エレメント
(ST33F1M)が含まれています。ST33F1Mは、グローバル・プラットフォーム
GP2.2/Java3.0.1に基づくGemalto社のセキュアなオペレーティング・システムを
組み込んでいます。これは市場で最も高度なNFCセキュア・ペイメント・
プラットフォームの1つです。また、Java OSおよびJavaアプレットが、データを
計測・保存するアプリケーションにセキュアな環境を提供します。このような
セキュリティ・レベルを実現していることから、同じソリューションを前払い
契約のユーザにも使用することができます。このSiPは、32bitマイクロコントロ
ーラSTM32およびEEPROMとともにWasionの電力メータに採用されています。

STは、NFCコントローラと高性能SWP(1)セキュア・エレメントから成る完全なNFC
モバイル決済ソリューションを提供した最初の半導体メーカーの1社です。STは、
携帯電話メーカー、通信事業者およびスマートカード・ベンダ各社との協力を
通して、競争力のあるNFCソリューションと製品を市場に提供しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング