ギャルの二重メイクは“ばんそうこう”で作られる! 『S Cawaii! Beauty vol.1 ウソみたいにとびきりかわいい二重になれる本』発売

PR TIMES / 2014年7月28日 18時55分

累計82万部発行の人気ビューティムックシリーズから 最新作 7月29日(火)発売

7月29日(火)、株式会社主婦の友社は、累計82万部を発行し「整形メイク」ブームを生んだ人気の「S Cawaii! Beautyムック」シリーズの最新作『S Cawaii! Beauty vol.1 ウソみたいにとびきりかわいい二重になれる本』http://urx.nu/auOqを発売いたします。



 
 本書は、一重、奥二重の方でも、憧れの「クリっとした大きな二重」になれるテクニックがつまったメイク本です。初心者でも簡単な二重作りの基本のキから、すでに二重メイクをやっているけど、上手にできないという悩みを抱える人を救う裏テクまで、超保存版と言える一冊です。さらに、作った二重を生かす、いまどきのアイメイク方法もたくさんレクチャーしています。

 また、モデルの菅野結衣さん、てんちむ(橋本甜歌)さんなど、今ではメイク上手として知られる方たちの、イケてない時代やダサかった時代までも披露したメイクヒストリーを紹介。コンプレックスを抱えながらも貪欲に「かわいくなりたい」と願い努力する女のコたちを応援する内容となっています。


■二重をつくる「神」アイテムはコレ!
 読者が実際に二重を作るのに使用している4つの神アイテムの特徴と使い方をレクチャー。

1.貼るだけで二重幅を確保できる「アイテープ」
2.グッとくい込んで二重が出現する「ファイバー」
3.二重コスメのニューカマー「塗るアイテープ」

中でも、驚きは4.「ばんそうこう」。実は「ばんそうこう」は二重作りには「使える」アイテムなのです。本書では、プロセスカットをしっかり見せながらわかりやすく紹介しています。


おすすめのばんそうこうは、防水で透明タイプのもの。1枚で数十回使えるコストパフォーマンスの良さが人気。ばんそうこうの端のアーチ部分を利用してカット。まぶたの二重線のちょい下にピンセットで貼り付けると、部分的にまぶたを押し込んで幅広の二重が出現。(※本書ではさらに詳しいプロセスを紹介しています。)


◆二重メイクのスペシャリスト 斎藤綾乃さん(21才)


ずっとコンプレックスだった一重を、日々の研究と努力で二重に。もはや別人。斎藤さんのテクニックは、テープと芯のあるつけまのW使いで二重を創造。


◆左右で違う二重を上手に平行二重にする 中島絢乃さん(25才)


左右の二重幅が違う中嶋さんは、すっぴんだと「疲れてる?」って言われるのが悩み。ファイバーとのりで左右ともに深い二重のラインを作り出して詐欺メイク完了。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング