【報道参考資料】イラク北部 ヤズディ教徒最大3万人への支援を拡大

PR TIMES / 2014年8月13日 12時27分

エルビルにはキリスト教徒1万2,000人が避難



※本信は ユニセフ・イラク事務所の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、
独自に編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74762.html でご覧いただけます


【2014年8月12日 エルビル(イラク)発】

イラク北部で続く人道危機。ユニセフは他の人道支援団体とともに、シンジャルの山岳
地帯で身動きの取れなくなっている少数民族ヤズディ教徒最大3万人への緊急支援活動
を拡大しています。さらに、クルド自治区の首都エルビルに避難しているキリスト教徒
1万2,000人への活動も行っています。

ユニセフ・イラク事務所代表のマルツィオ・バビルは「ユニセフは、シンジャルの山岳
地帯で身動きの取れなくなっている何千もの子どもたちと、脱出してきた人たちの命と
運命を大変憂慮しています。山岳地帯から救助された人たちは増えており、昼夜を
問わず、支援活動を行っています。こうした方々には、急性脱水症状や体調悪化、
栄養不良、ショックがみられます」と述べました。


避難してきた方たちが到着している場所近くに、ユニセフは、これまでにトラック
30台分の支援物資を届け、ドネツク州で支援物資の配布も行っています。

さらに、この24時間内に、緊急食糧1,100カートン、栄養価の高い補助食品500
カートン、経口補水塩40箱、72平方メートルのテント15張などが届いています。
今後48時間以内には、緊急支援物資合計60トン近くを輸送する予定です。

また、ユニセフはクルド自治政府と緊密に協力し、避難してきた数千世帯が直ちに
日用品を購入できるよう、総額500万米ドル(約5億1,000万円 ※1米ドル=102円で換算)
の大規模な現金支給プログラムを計画しています。

8月2日以降、ユニセフはパートナー団体とともに、ドホーク州の20カ所で、子どもと
女性、その家族7万3,452人に人道支援を行ってきました。これまでに、飲料水55万2,000
ボトル、緊急食糧4万4,000パック以上、バケツ1万個、棒状の石けん1万本、衛生用品の
詰め合わせ9,300セット、貯水用容器5,500缶、毛布1,500枚、乳児用の衛生用品の詰め
合わせ1,000セットなどを提供しています。

エルビルに避難している人は1万2,000人近く。ユニセフは飲料水7万8,000ボトルのほか、
貯水タンク3基を提供しました。ユニセフのスタッフは、家族とはぐれた子どもたちの
状況や子どもの権利侵害の状況もモニタリングしています。また、パートナー団体との
緊密な協力の下、ユニセフは、避難してきた家族の受付と支援センターの設置を
支援しています。


■参考情報:シンジャルならびに国内の避難状況

<8月5日 ユニセフ発表>

・シンジャルにいた子どもたちは少なくとも15万人(国内避難民を含む)
・シンジャルから避難してきた人たちのうち、子どもは最大で2万5,000人
・8月3日のイスラム国によるシンジャル制圧により、ヤズディ教徒はシンジャルの
山々に避難
・2日間で、暴力、避難、脱水症状によって、子ども40人が死亡との報道

原文(日本語)>
http://www.unicef.or.jp/news/2014/0009.html


<8月8日 IOM(国際移住機関)発表>

・「イスラム国」とクルド自治区の民兵組織の衝突を受け、8月7日、イラク国内の
避難民が100万人を突破
(これまでの避難民とシンジャルからの避難民の合計を合わせた数字)
・2014年1月にイスラム国が侵攻を始めて以降、避難民の数は最大に
・IOMの即応アセスメントチームによると、2014年1月以降、イラク国内1,381カ所に
17万6,150世帯(推定105万6,900人)が避難、うち54%にあたる9万4,597世帯
(約56万7,582人)が、6月以降に避難

原文(英語)>
http://reliefweb.int/report/iraq/iraq-s-sinjar-crisis-pushes-number-confirmed-displaced-past-one-million


追記:
イラクの総人口 3,277万8,000人⇒国民の3%が国内避難民に
(出典:ユニセフ『世界子供白書2014 統計編』)


■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Jeffrey Bates, ユニセフ・イラク事務所(在バグダッド)広報チーフ,
jbates@unicef.org, +964 780 196 4524
Karim El-Korany, ユニセフ・イラク事務所(在バグダッド)広報官,
kelkorany@unicef.org +964-780-92-585-42

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング