72%の転職コンサルタントが「ミドル層への求人は増加する」と予測。 -「エン転職コンサルタント」コンサルタントアンケート集計結果 -

PR TIMES / 2014年3月19日 15時1分

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン転職コンサルタント』(https://consultant.en-japan.com/)上で、転職コンサルタント329名を対象に、2014年の転職市場予測「ミドル層の求人動向」についてアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。



===================================================
72%の転職コンサルタントが「ミドル層への求人は増加する」と予測。
背景に、ロストジェネレーション世代の育成不足などから即戦力への期待。
ー 「エン転職コンサルタント」コンサルタントアンケート集計結果 ー
===================================================


■調査結果要約

 旧来は、35歳を過ぎると転職の選択肢が狭まる「35歳限界説」が通説でした。しかし、今回の調査からは、ミドル人材の採用意欲が今後高まるとの回答が72%に上るなど、「35歳限界説」が崩れている様子が顕著になってきました。背景には、企業内でのロストジェネレーション世代の育成不足、景気の回復基調が強まる中、成長ステージの企業において、会社の舵取りを任されるようなポジション人材の不足が示されています。

 そのためミドル層を求める企業タイプは、大手企業よりも「中堅・中小企業」、職種は「経営・経営企画・事業企画系」の需要が高まるという回答が多くなりました。ミドル層の採用は増える見込みではありますが、より主体的に成果を生み出せる即戦力の人材が求められる傾向がうかがえる結果となりました。


■調査結果概要

1:72%の転職コンサルタントが、ミドル層を対象とした求人は「増加する」と回答。

 2014年の転職市場について、72%の転職コンサルタントが「ミドル層を対象とした求人案件は“増加する”」と回答しました。
 また、ミドル層を対象にした求人案件が特に増えると見込まれる「年収帯」は、600~799万円が最多の96%、次いで「800~999万円」が73%となりました。一般的なミドル層の平均年収が463.8万円(※1)であり、今回需要が見込まれている年収帯が100万円以上高いことから、高い業務スキルを必要とする求人が増加する傾向にあることがわかります。
(※1)国税庁「平成24年民間給与実態統計調査」より30代後半~50代後半までの平均年収

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング