住宅のスマート化・省エネ化を促進する最新ソリューションをTECHNO-FRONTIER 2012に出展

PR TIMES / 2012年7月9日 10時13分

2012年7月11日(水)~7月13日(金) : 東京ビッグサイト
(STブース : No.6C-207)

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
TECHNO-FRONTIER 2012において、「Smart Semiconductors for Power Saving」
というテーマの下、スマート・ハウスの普及を推進する最新ソリューションを
出展します。

昨今、電気料金の値上げや地球温暖化の進行といった背景から、私たちにとって
電力の最も効率的な利用が喫緊の課題になっています。STブースでは、電力使用
の高効率化に焦点を当て、家計と環境に優しい住宅の実現に向けた、各種デモ・
開発ボードをご覧いただけます。

STブースで紹介する主なソリューション

・電力を効率的に使用するスマート・ハウスを実現する上で重要な要素のひとつ
に、電力の「見える化」があります。特に住宅において、使用中の電力を
リアルタイムでモニタすることは、電化製品の使用頻度を減らしたり、使用
していない電化製品をオフにする等、不必要な電力使用の抑制に繋がります。
STは、スマート・メータ用PLCシステム・オン・チップおよびスマート・
プラグ用IC等、ホーム・ディスプレイ / ホームゲートウェイ上で電力の
「見える化」を可能にするソリューションを紹介します。

スマートメータ用PLCシステム・オン・チップであるSTarGRIDシリーズ ST75xx
は、各種変調方式・通信プロトコルに対応し、電力使用情報をスマート・
メータもしくはスマート・プラグからホーム・ディスプレイ/ホームゲートウ
ェイに送信することができます。また、ST独自のBCD(BiPolar-CMOS-DMOS)
プロセスを採用していることから、アナログ・デジタル・パワー回路を1チッ
プ上に形成することが可能で、部品点数の低減に繋がります。STarGRIDは、
既にイタリアやスペインのスマート・メータに採用されています。

また、スマート・ハウス向けに、ARM Cortex-MベースのZigBee対応32bit
マイクロコントローラ(以下マイコン) STM32Wおよび電力計測用IC STPM10を
組み合わせ、使用電力の情報をホーム・ディスプレイ / ホームゲートウェイ
用評価ボードに無線で送信するデモを行います。ユーザは、STM32Wを使用する
ことにより、充実した開発環境が利用できるため、システムの機能・性能面
での可能性が広がります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング